フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーとココアを混ぜるとカフェモカになる!そのレシピについて

ブラックコーヒーは苦すぎて飲めないけど、カフェインをとって覚醒したいから美味しくないけど渋々と飲む人もけっこういるかと思います。僕も昔はコーヒーの苦さが苦手で、砂糖を山のように入れてごまかしていました。

そんな人にオススメなのが、 コーヒーとココアを混ぜ合わせたカフェモカ風の飲み物です。ココアの甘さとコーヒーの苦さがうまくマッチしてコーヒーが苦手な人でも気にいる人は多いと思います。

今回はそんなコーヒーとココアを混ぜた飲み物について、そもそもコーヒーとココアの違いや、レシピなどについて書いていこうと思います。

Groene Monsterさん(@groenemonster)がシェアした投稿

参照記事
カカオ豆とコーヒー豆の比較-それぞれの違いと共通点について

コーヒーとココアの違い

コーヒーとココアはまさに正反対に属している飲み物であると言えます。コーヒーは“苦さ”がウリであり、ココアは“甘さ”がウリです。個人的なイメージでは、コーヒーを飲む人は渋い系であり、ココアを飲む人は可愛い系です。

しかし一方で、コーヒーとココアには共通点も多くあります。コーヒーもココアも元は植物の種子であり、温暖な途上国を中心に生産され、どちらも生産の過程で焙煎されます。

そんなコーヒーとココアは元のルーツが似ているためか、混ぜ合わせると意外にも上手くマッチングします。刑事モノの映画で、優しい刑事と怖い刑事の組み合わせをよく見ますが、コーヒーとココアはそれに似ています。

コーヒーもココアも表面上は全く味が異なりますが、その土台は似ており意外にも良い組み合わせになるのです。

参照記事
コーヒーやカフェのおすすめドキュメンタリー映画など9選!





コーヒーとココアを混ぜ合わせるとカフェモカ

コーヒーとココアを混ぜ合わせた味をひとことで言うとカフェモカのような味です。コーヒーの苦さとココアの甘さがお互いに味を補完しあって、コーヒーチョコレートのような味になります。

本来のカフェモカは、エスプレッソコーヒーとホットミルクとチョコレートシロップと
混ぜ合わせた飲み物ですが、ココアとコーヒーでも条件は似ているので、同じような味を出すことができるのです。

本物のカフェモカはエスプレッソが必要になるので、エスプレッソマシンのない自宅で作ることはできません。しかし、コーヒーとココアを混ぜ合わせたカフェモカ風の飲み物は、家でも簡単に作ることができます。

@mertin.60がシェアした投稿

参照記事
コーヒーとコーラを組み合わせた飲み物がある!カフェインMAX

コーヒーココアのレシピ

コーヒーココアの作り方はとても簡単です。必要な材料はココアパウダー、インスタントコーヒー、砂糖の3つだけです。作り方の手順は、まずココアパウダーを通常の半分くらいマグカップに入れます。

次にインスタントコーヒーを通常の半分くらい入れます。そこにお湯を注いで、お好みで砂糖を入れたら完了です。よく溶かすために、お湯は一気に入れずに少しずつかき混ぜて溶かしながら入れると良いでしょう。

カフェモカは上にホイップクリームを乗せることも多いので、コーヒーココアにも同様にホイップクリームを乗せると、より美味しくすることができます。

ご自宅でも簡単に作ることができるコーヒーとココアを混ぜ合わせたカフェモカ風のドリンクを是非1度試してみてください!

参照記事
カレーにコーヒーを隠し味で入れるとかなり合うwww






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう