フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーマイスターになるには!資格取得までの流れと内容

世の中にはいろんな資格が存在します。僕も大学生の頃には簿記の資格を取ったり、TOEICを受けたりしていました。今や誰もが1つくらいは何かしらの資格を持っている時代な気もします。

そんな資格ですが、実はコーヒー業界にもいくつのかの資格が存在します。ざっくりと並べてみるだけでも、コーヒーインストラクター、コーヒーコーディネーター、コーヒースペシャリスト、コーヒーソムリエなどかなりの数があります。

BREW METHODS | @brewmethodsさん(@brewmethods)がシェアした投稿


今回はその中でも「コーヒーマイスター」という資格に着目して、コーヒーマイスターとは何なのか、その内容などについて書いていこうと思います。

参照記事
ビアレッティとは?モカエキスプレスで簡単にエスプレッソが作れる

コーヒーマイスターとは何か?

コーヒーマイスターとはひとことで言うと、コーヒーに関する知識や技術を身につけることを目的に作られた資格になります。コーヒーの資格はいろいろとあるのですが、コーヒーマイスターは日本で初めての認定資格になります。

コーヒーマイスターは1999年に日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)によって開設され、今では日本全国で4,000人以上が資格を取得しています。

@woodblossomがシェアした投稿


ちなみに、特にコーヒーマイスターを取得したからといって何か特定の仕事ができるようになったりするわけではありません。あくまで資格を取得したそれぞれの人がコーヒーに関する深い知識を身につけることを目的にしたものです。

参照記事
ファイヤーキングとは?日本とアメリカで大ヒットしたマグカップ

コーヒーマイスター取得までの流れ

コーヒーマイスターを取るためには、まず日本スペシャルティコーヒー協会の公式HPから申し込みを行います。申し込むと専用のテキストが送付されてくるので、そのテキストをもとに自宅で学習します。

試験日の前に実技演習をする必要があるのですが、特にここで落とされたりするわけではなく、座学で勉強をしてコーヒーのカッピングなどを行います。あとは試験日に受験を行い、100点満点中、60点以上を取得すれば合格になります。

Ashley Nicholeさん(@ashnichole_xo)がシェアした投稿


コーヒーマイスターの受験資格は日本スペシャルティコーヒー協会の会員であることです。特にコーヒー業界で働いていなくても日本スペシャルティコーヒー協会の会員になることはできます。

ただし、年会費を1万円〜3万円支払う必要があります。また、受験料が4万円近くかかるので、全部合わせると結構な金額がかかってしまいます。

コーヒーマイスターの内容

コーヒーマイスターになるには、コーヒーに関して幅広い内容を知っている必要があります。具体的には、コーヒーの歴史、コーヒー生豆について、コーヒー豆の取引の仕組み、コーヒーの生産国について、コーヒーの抽出などについてです。

テストではそれらの項目について総合的に問題が作成されます。事前に送られてきたテキストを勉強しておけば、そこまで難しい問題ではありません。

参照記事
コーヒーフラッペとは?コンビニや自宅での作り方

アドバンスド・コーヒーマイスターとは何か?

そんなコーヒーマイスターのさらにワンランク上の資格として、「アドバンスド・コーヒーマイスター」というものがあります。

アドバンスド・コーヒーマイスターの取得者は日本に数百人ほどいます。コーヒーマイスターよりも難しい資格ですが、その分学べることも多い資格になります。

Braunnotes Coffeeさん(@braunnotescoffee)がシェアした投稿

バリスタという資格はない

コーヒーの資格というと「バリスタ」を連想する人も多いかと思います。しかし、実はバリスタという資格は存在しません。美味しいコーヒーを作る人をバリスタなどと呼びますが、そのために何か資格が必要ではないのです。

基本的にバリスタになりたい人は、専門学校やスクールに通ってコーヒーの知識や技術を身につけて開業したり、有名なカフェに弟子入りのような形で働いて経験を積んでから、自らをバリスタと名乗るパターンが多いです。

このようにコーヒーマイスターはコーヒー業界における最も有名な資格の1つであると言えます。コーヒーについて勉強してみたいと思ったら、取得してみても良いかもしれません。

参照記事
フレーバーコーヒーとは何か?その作り方と香りについて

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう