フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーとコーラを組み合わせた飲み物がある!カフェインMAX

僕は中学生の頃にアメリカのジョージア州アトランタの中学校に通っていました。アトランタはアメリカ南部エリア最大の都市であり、あのコカ・コーラの発祥地でもあり今でも本社があります。ちなみに本社ではコーラが無料で飲み放題でした。

中学校にアジア人は僕1人だけで、英語が全くできない頃に行ったので、僕はまるでエイリアンのような存在であり、毎日のようにいじめられて苦痛の連続でした。そのためか今でも炭酸ジュースを飲むときには、コカ・コーラ派ではなく断然ペプシ派です(笑)

Coca-Colaさん(@cocacola)がシェアした投稿


そんな僕にとってほろ苦い思い出もあるコーラですが、コーヒーとコーラを合わせた「コーヒーコーラ」なるものが存在しており、日本でもUCCやサントリーなどが期間限定で販売していました。

どう考えてもうまくマッチしないオーラをかもし出しているコーヒーとコーラですが、意外にもうまくマッチするようです。今回はそんなコーヒーコーラについて書いていこうと思います。

コーヒーコーラとは何か

コーヒーコーラとはそのままではありますが、コーヒーとコーラを混ぜ合わせた飲み物になります。アメリカではコカ・コーラやペプシなどが期間限定で販売しており、日本でもUCCやサントリーが期間限定で販売していたことがあります。

いずれも定着商品して販売し続けるまで到達しておらず、万人受けするような飲み物ではないようです。しかし、期間限定ではあり商品化されて販売はされていたので、全く美味しくないとも断言できません。

colineさん(@eppcoline)がシェアした投稿


コーヒーにいろんな種類のシロップを入れてフレーバーを変えてみる「フレーバーコーヒー」なるものが少し前から流行っています。キャラメルシロップやバニラシロップ、ヘーゼルナッツシロップなどを加えて風味を変えるのです。

参照記事
キャラメルとコーヒーはよく合う!その味と作り方について

中国ではコーヒーに紅茶を混ぜた「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」という飲み物が存在しており、昔から伝統的に飲まれています。今でも中国名物として旅行に行ったらまずは鴛鴦茶を飲んでみることを多くの旅行雑誌が勧めています。

このようにコーヒーに何かを混ぜ合わせる飲み方は今も昔もいろいろと試されており、そんな中でコーラを入れるコーヒーコーラが登場したとも言えます。何事も一見うまく合わなそうと思えるものこそ、意外にうまくマッチするものです。




コーヒーコーラの歴史

コーラがアメリカで誕生したのは19世紀頃でした。初めの頃はストレートなコーラが人気でしたが、次第にストレートではなくて風味をプラスしたコーラが徐々に人気になってきました。

日本でもチェリーコーラやレモンコーラなど他のフレーバーを加えたコーラが今でも売られていますが、アメリカでは1980年代にこのフレーバーコーラが飲まれるようになってきました。

Coca-Colaさん(@cocacola)がシェアした投稿


コーラをそのまま販売するのではなくて、フレーバーをつけて販売するという流れの中で、1995年にペプシが「PEPSI KONA」というコーヒーコーラを販売しました。期間限定で売られたものの、チェリーコーラのように商品として定着させることはできませんでした。

日本で初めてコーヒーコーラが販売されたのは2001年であり、販売元は上島珈琲(UCC)でした。こちらも期間限定でしばらくしたら販売中止になったものの、コーヒーとコーラの組み合わせに多くの人が衝撃を受けました。

その後もサントリーがコーヒーコーラの販売をしたり、ドリップコーヒーではなくてエスプレッソを使ったコーヒーコーラが登場したりと多くの試みがなされましたが、いずれも定着することはありませんでした。

参照記事
コナコーヒーなどアメリカのハワイ産コーヒー豆の特徴

コーヒーコーラの作り方と味

コーヒーコーラの作り方はスーパー簡単です。アイスコーヒー30%とコーラ70%を前合わせて氷を入れれば完成です。もはやファミレスのドリンクバーでも作ることができます(笑)

好みに応じてコーヒーとコーラの割合を変えたり、アイスクリームを上に乗せてみたりとアレンジしてみても良いです。最終的に出来上がるのは苦い炭酸です。少しノンアルコールビールに味が似ていますが、ちょっと違います。

コーヒーの原型はほとんど残っていないので、あくまでコーヒー風味の別の飲み物として楽しむのが良いでしょう。当然好き嫌いが出てくると思うので、味が好きになれない人も多いかと思います。

コーラにコーヒーミルクを入れると透明になる?!

完全に余談ですが、コーヒーにコーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)を入れると普段は黒いコーラの色が透明になるそうです。メントスをコーラに入れると爆発することを知っている人は多いですが、コーヒーミルクを知っている人は少ないかと思います。

garagescoffeeさん(@garagescoffee)がシェアした投稿


これは化学反応でカラメルとコーヒーミルクの成分が反応するために透明になるそうですが、カラメルはコーラの上部にたまり、残りは透明な液体になってしまいます。なかなか衝撃的ですね(笑)

このようにコーラとコーヒーは意外にもマッチする組み合わせであり、人によってはコーヒーコーラも好きになるかもしれません。怖いもの見たさで一度くらい挑戦してみても良いかもしれませんね。

参照記事
塩をコーヒーに入れると意外にイケる!エチオピアの伝統方法






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう