フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

ダイレクトトレードとは何か?フェアトレードとの違い

少し前にブルーボトルコーヒーが進出して来たタイミングで、日本でもサードウェーブコーヒーが大流行しました。それに合わせてコーヒー農家からコーヒー豆を仕入れる方法にも見直しが進み、コーヒー農家とダイレクトに取引するバイヤーが増加しました。

この仕入れの方法をダイレクトトレードというのですが、直接コーヒー農家から仕入れることには多くのメリットがあり注目を集めています。今回はそんなダイレクトトレードについて書いていこうと思います。

Elisabettaさん(@eli.g1405)がシェアした投稿

ダイレクトトレードとは何か?

ダイレクトトレードとはひとことで言うと、直接コーヒー農家からコーヒー豆の買い付けをすることを指します。生産者とバイヤーが中間業者を通さずに直接交渉を行うので、余計なマージンが取られる必要もありません。

直接的にコーヒー農家の人たちと繋がることができるので、コーヒー豆の品質をより忠実に仕入れ値に反映することもでき、バイヤーも特定の信頼出来るコーヒー農園からピンポイントで仕入れをすることができます。

参照記事
シングルオリジンコーヒー(シングルエステートコーヒー)とは?

ダイレクトトレードのメリット

バイヤー側から見たダイレクトトレードのメリットは、中間業者を挟まないのでどのコーヒー農家がどのように生産したのかを明確に知ることが出来る点にあります。仕入れるコーヒー豆の品質に強いこだわりがある場合には有効になります。

また、中間業者を間に挟まないために余計なマージンが取られることもないので余計な仕入れコストを削減することにもつながります。

一方で、コーヒー農家側から見たダイレクトトレードのメリットはバイヤーとダイレクトに繋がって収入を得られる点にあります。そのためにコーヒー豆の売値に、生産にかかる人件費、肥料費、燃料費などをしっかりと反映することができます。

🇮🇲 🍋Emma Lucchese🍋🇮🇹さん(@regina_di_ghiaccio_)がシェアした投稿

ダイレクトコーヒーのデメリット

しかしダイレクトコーヒーにはメリットだけでなく、デメリットも多く存在しています。バイヤー側から見たデメリットは、果たして自分たちが仕入れるコーヒー豆のクオリティはしっかりしているのか、実際に収穫後のコーヒー豆を見てみないと分からないという点です。

いくら今まで良質のコーヒー豆を安定して生産していたコーヒー農家と契約を結んだとしても、その年に収穫するコーヒー豆の品質も同様に優れたものであることを保証するものではないからです。





一方で、コーヒー農家側から見たデメリットは、バイヤーが毎年安定してコーヒー豆を仕入れてくれるか分からない点です。いくら前年に大量のコーヒー豆を高値で仕入れてもらえたとしても、今年はどれくらい仕入れるのかは分かりません。

場合によっては今年のコーヒー豆の仕入れる量が少なくて、生活するのに十分な量を仕入れてもらえない可能性もあります。このようにダイレクトトレードはコーヒー農家の生活を完全に保証するものではないのです。

✖️Carolaneさん(@carol_ananas)がシェアした投稿

ダイレクトトレードとフェアトレードの違い

ダイレクトトレードに似た取り組みでフェアトレードというものがあります。フェアトレードはコーヒー豆の最低値段での仕入れ価格を決定することでコーヒー農家の生活を安定させることに主眼が置かれています。

ダイレクトトレードと似ているところも多いのですが、違いも多く存在します。フェアトレードは最低買い付け値段最初に決めるために柔軟に変更ができませんが、ダイレクトトレードには柔軟性があります。

またフェアトレードは個々のコーヒー農家ではなく、小規模のコーヒー農家がまとまって組合単位で取引されます。これに対してダイレクトトレードは個々のコーヒー農家がバイヤーとつながるので、より個々の農家の意向を反映できる可能性があります。

このようにダイレクトコーヒーには多くのメリットが存在しており、サードウェーブコーヒーの拡大に伴い、近年その取引が急増しています。今後もダイレクトトレードはさらに拡大していくことが期待されています。

参照記事
フェアトレードコーヒーとは何なのか?その実態について






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう