フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

アウトドアでコーヒーを飲むと美味しさ10倍!

アウトドアとコーヒーの相性は抜群です。いろんなアウトドアコーヒーがありますね。

・登山でコーヒー
・キャンプでコーヒー
・川でコーヒー

などなど、どれもそのコーヒーの美味しさは至高のドリンク…。そんなアウトドアコーヒーについてオススメ商品も合わせて紹介していきます!

参照記事
エアロプレスとは?その特徴とコーヒーの淹れ方

アウトドアコーヒーは手間暇かけて飲むと美味しい!

アウトドアコーヒーは時間をかけることが楽しむ上で一番大事なのではないかと思っています。インスタントコーヒーでも美味しいですが、豆を挽いてから飲むコーヒーの方が美味しいこともありますし、何より実際にその場でコーヒーを挽いて抽出するという作業が面白い。

なんでも手間暇かけてやることでその一杯がより愛おしく思えるのです。なので、必要な道具は自然と増えますがアウトドアコーヒーにぴったりなコーヒー器具はたくさんあります。そんな商品を紹介していきます。

参照記事
コーヒーノキとは?コーヒーはもともと植物から採れる





アウトドアコーヒーに必要なコーヒー器具

コーヒーをドリップするのに必要なコーヒー器具は下記の通りです。

・ケトル
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・コーヒー豆
・コーヒーミル
・カップ

道具はなんでもいいのですが、アウトドアで大事なのは不必要なものを極力減らすこと。荷物は多ければいいってものではありません。

アウトドアにおすすめなケトル

ケトルは直接火に当たっても大丈夫なもので、かつサイズ感も小さいものを選びましょう。

選ぶ基準は「持ち手が固定されていること」です。
これならコンパクトなサイズで持ち手も固定されていますし、注ぎやすいのでオススメです。

アウトドアにおすすめなドリッパー

ドリッパーは陶器のものが多く、持ち運びしているうちに割れてしまう危険性があるのでプラスチックか、フレーム式のものを選びましょう。

この商品だと4人前までコーヒーを淹れることができます。無理やり扱うことがなければ折れる心配も全くないのでオススメです。

参照記事
コーヒーバネットとは何か?独自のフィルターの使い方について

アウトドアにおすすめなペーパーフィルター

ペーパーフィルターはしっかりとドリッパーにあったものを選びましょう。先ほど紹介したフレーム式のドリッパーにはこちらのペーパーフィルターがあいます。

このフィルターでしたら全く問題はないでしょう。

アウトドアにおすすめなコーヒー豆

コーヒー豆は、お好きなものを選んでください。スタバのコーヒー豆でもドトールのコーヒー豆でも通販で買ったものでも構いません。アウトドアコーヒーの醍醐味はやっぱり好きなコーヒー豆を持っていけるところですね。

アウトドアにおすすめなコーヒーミル

コーヒーミルはサイズ感が小さく、かさばらないものが一番です。このコーヒーミルで十分ではないでしょうか?

こちらのコーヒーミルですとスリムで持ち運びにぴったりなミルですのでアウトドア用に持っておくといいですね。

参照記事
ボンマックとは?エスプレッソマシンやコーヒーミルで有名

アウトドアにおすすめなカップ

こちらはなんでも構いません。紙コップでもいいですし、アウトドア用のカップでも構いません。
選ぶコツは「荷物がかさばらない」ことです。

エスプレッソをアウトドアで飲むこともできる

意外かとも思いますが、実は山や川などの野外で飲むこともできるのです。エスプレッソを飲む方法としてはマキネッタと呼ばれるヤカンのようなものでエスプレッソを作る方法が一般的です。

ヤカンを火で沸かすような感覚でマキネッタというコーヒー器具を火にかけるとエスプレッソを作ることができます。他にもハンドプレッソと呼ばれる持ち運び式のエスプレッソマシンなど野外でエスプレッソを飲むための方法はいくつも開発されています。

私は一度、山頂でコーヒーを淹れて飲んだことがあるのですがとても楽しい経験でした。疲れを吹き飛ばしてくれるようなコーヒーの味に心癒されます。興味がある方はぜひ一度山登りしながらコーヒーを飲んでみてください。

参照記事
コーヒー麻袋のインテリアへのリメイク方法






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう