フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

豆乳コーヒーのダイエット効果・効能と分離しない作り方

僕がスタバでバイトをしていた際には多くのお客さんが牛乳を豆乳に変えてドリンクを飲んでいました。中には牛乳アレルギーのために普通の牛乳が飲めなくて、そのために豆乳に変えている人もいましたが、多くの人は豆乳の栄養分の高さを期待して豆乳を飲んでいました。

このように豆乳はコーヒーとの相性が良く、かつ健康に良い様々な効果があることから多くの人がコーヒーに豆乳を入れて飲んでいます。一番有名なのがおそらくソイ・ラテでエスプレッソに豆乳を加えたものです。

しかし、エスプレッソでなく普通のコーヒーに豆乳を入れて楽しむ人も多くおり、実際に健康に良いドリンクになっています。今回はそんな豆乳コーヒーの効果・効用や分離しない作り方などについて書いていこうと思います。

参照記事
コーヒーとココアを混ぜるとカフェモカになる!そのレシピについて

豆乳コーヒーとは何か?

そもそも豆乳コーヒーとはひとことで言うと、そのままですがコーヒーに豆乳を加えたものになります。豆乳は“乳”という単語が付いているので、なんとなく牛乳と同じ乳製品を加工したもののような気もしますが、実際には乳製品ではありません。

豆乳とは牛から乳を搾って作るわけではなくて、大豆を加工することによって作られます。そのために、牛乳と豆乳は似て非なるものであり、成分などは全く別のものという認識で問題ありません。

Kateřina Hladíkováさん(@katka_hl)がシェアした投稿


コーヒーに入れるものは牛乳が一般的ですが、この豆乳も一部の人からコーヒーに入れることが人気であり、今や欠かすことのできない材料になりつつあります。特に健康に気を使っている女性などから人気が高い印象があります。

参照記事
コーヒーとコーラを組み合わせた飲み物がある!カフェインMAX

ダイエットにも効く豆乳コーヒーの効果・効用

豆乳コーヒーが特に女性から人気な理由として、ダイエットの効果が強いということがあります。豆乳にはイソフラボンという女性ホルモンのバランスを整え、冷え性や生理不順などを改善してくれる成分が含まれています。

このイソフラボンには代謝を上げる働きもあり、脂肪の燃焼効果があるコーヒーと組み合わせることで、お互いに相乗効果が働いて余分な脂肪を効率的に燃焼することができます。

そのために豆乳コーヒーはダイエットや美肌への効果が期待できるとして女性を中心に人気を得ています。

Caffeine Coutureさん(@caffeinecouture)がシェアした投稿

豆乳コーヒーの作り方

豆乳コーヒーの作り方はいたって簡単です。必要な材料はドリップコーヒーと豆乳のみです。作り方の手順としては、普段通りにコーヒーをドリップして抽出したら、そこに同じ分量の豆乳を追加して、かき混ぜれば完成です。

コーヒーをわざわざドリップするのが面倒という場合にはインスタントコーヒーでも代用が可能であり、その際にはコーヒーよりも豆乳の方が少し多めの分量にするとより美味しくなります。

参照記事
コーヒーに含まれるクロロゲン酸が身体に与える効果・効能

コーヒーに豆乳を入れても分離しない方法

実際に豆乳をコーヒーに入れると分かるのですが、コーヒーに豆乳を入れてもうまく混ざり合わずに分離してしまうことがあります。また、分離とまではいかなくても、塊のようなダマができることがあります。

これはコーヒーの“熱”と“酸味”が原因であるとされており、豆乳がホットコーヒーの熱と酸味に反応して分離が進んでしまいます。せっかく作った豆乳コーヒーが分離すると一気に飲む気を失ってしまします(笑)

Brew Cafeさん(@brewcafeuae)がシェアした投稿

コーヒーと豆乳の温度を同じにする

豆乳コーヒーを分離せずに作る方法ですが、まず可能であればアイスコーヒーで作と良いです。コーヒーの温度が熱くなければ分離はしにくいので、アイスコーヒーにアイス豆乳を入れると良いでしょう。

ホットコーヒーで飲みたいという場合には、豆乳をコーヒーと同じ温度まで温めると良いです。コーヒーと豆乳の温度を同じくらいまで温かくすることで、分離しにくくなります。

参照記事
カルダモンコーヒーとは何か-香辛料を入れたインド式コーヒー

豆乳→コーヒーの順番に入れる

豆乳コーヒーを分離せずに作る2つ目の方法ですが、単純に混ぜる順番を変えるだけで分離しにくくなります。普通は先にマグカップにコーヒーを入れてそこに牛乳を追加するかと思います。

しかし、逆の順番で先に豆乳を入れてからコーヒーを加えることで、コーヒーと豆乳が分離することを防ぐことができます。

Majid Saad – ماجد سعدさん(@majid.rwd)がシェアした投稿

酸味のあるコーヒー豆を避ける

豆乳コーヒーを分離せずに作る最後の方法は、酸味のあるコーヒー豆を避けるというものです。豆乳は酸味と分離する傾向があるので、酸味のないコーヒー豆を選ぶことで分離を抑えることができます。

このように豆乳とコーヒーの組み合わせは相性が良く、コーヒーに豆乳を加えることでダイエットなどの効果を得ることができます。コーヒーにいつも牛乳を入れているという人は、ぜひ一度豆乳も試してみてください。

参照記事
ブラックコーヒー(バターコーヒー)ダイエットの凄い効果

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう