フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーは糖質制限ダイエット中でも飲んで良いのか?

ダイエットは多くの人にとって永遠の課題であり、なんとか痩せようとさまざまな試みがなされています。そんなダイエット方法の1つとして糖質制限ダイエットがあります。

その名前の通り糖質をできる限り摂らないようにすることでダイエットができると言うものですが、テレビなどのメディアで取り上げられた関係で以前からかなり流行っています。

Agataさん(@windmilldreams)がシェアした投稿


そんな糖質制限ダイエットをしている最中であってもコーヒーは飲んでいいのか不安になる人もいるかと思いますが、結論から言うとコーヒーには糖質がかなり少ないので糖質制限ダイエット中であってもコーヒーは飲んでも大丈夫です。

今回はそんな糖質制限ダイエットとコーヒーの関係や、コーヒーの糖質、ダイエット中に注意すべきコーヒーの飲み方などについて書いて行こうと思います。

参照記事
海外セレブがハマった美容法”コーヒー浣腸”は実は危険だった!

糖質制限ダイエットとは何か

糖質制限ダイエットとはひとことで言うと、余分に糖質を摂りすぎないようにすることでダイエットをしようといったものです。一般的にダイエットと言うとカロリーを気にして、カロリーを摂りすぎないようにするのが普通ですが、糖質制限ダイエットでは糖質の摂りすぎに注意をします。

実際に糖質制限ダイエットをすることで痩せたなどの結果を出した人もいて、その効果が期待されています。糖質は過剰に摂取すると余った糖分が肥満をはじめ、健康によくないことがわかっており、糖質制限によってこの問題を解決します。

Buse Terim Bahçekapılıさん(@buseterim)がシェアした投稿


糖質はごはん、パン菓子パン、ジュースなどに多く含まれており、逆に肉や魚にはあまり含まれていないので、食べても問題ないそうです。

糖質制限ダイエット中にもコーヒーは飲んで大丈夫

そんな糖質制限ダイエット中であってもコーヒーは飲んで大丈夫です。実際にコーヒーにはほとんど糖質が入っていないので、糖質制限中であっても気軽に飲むことができます。

具体的にはブラックコーヒーで飲む場合には100mlあたり0.7gの糖分が含まれており、特に気にしなくても良い微量であると言えます。お茶に比べると糖質は多いのですが、それでもかなり微量なので気にするほどでもありません。

ただし、ブラックコーヒーではなくてそこに砂糖やクリームを入れるとなると話は別です。砂糖は糖質のかたまりですので入れれば入れるほど糖質はあがっていきます。

参照記事
コーヒーは下痢の原因になぜなるのか?対策と止め方

ブラックコーヒーはもともとダイエット向き

ブラックコーヒーは糖質がほとんど入っていないので糖質制限ダイエットに向いているのですが、それ以外にもブラックコーヒーはダイエット効果が期待できるとして注目されています。

ブラックコーヒーダイエットと呼ばれることもあるのですが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分には脂肪燃焼を促進する働きがあり、ダイエット中にコーヒーを飲むとより効率的に脂肪を燃焼できるためです。

Barista Dailyさん(@baristadaily)がシェアした投稿


またバターコーヒーダイエットという飲み物についても注目を集めており、コーヒーに特殊なバターを少し入れて飲むと腹持ちがよくなって結果的にダイエットできると言われています。

このように糖質制限ダイエットに限らず、コーヒーはダイエットに向いている飲み物として痩せたい人からは注目を集めています。

糖質制限ダイエットではコーヒーに砂糖とミルクを入れすぎない

糖質制限ダイエットをしていてコーヒーを飲む際に注意すべきこととして、砂糖とミルクを入れすぎないことがあります。コーヒーそのものには糖質がほとんど入っていないのですが、砂糖とミルクには糖質が含まれているためです。

特にコーヒーに砂糖を入れる場合には砂糖のほとんどが糖質になりますので、例えば砂糖10gを入れると糖質も10g摂取することになってしまいます。

そのために糖質制限ダイエットをしているのであれば、できるだけ砂糖とミルクは控えてブラックコーヒーで飲むようにしましょう。

参照記事
コーヒーを飲むと逆に太るのか?コーヒーダイエットはコツがいる

缶コーヒーは糖質制限ダイエット中には禁止

糖質制限ダイエットをしている際にもうひとつ注意すべき点は缶コーヒーを飲まないことです。缶コーヒーの中でも糖質が入っていないものであれば良いのですが、甘さが入っている缶コーヒーは要注意です。

甘い缶コーヒーにはコーヒーシュガーが何本も入れられていることがあるので、もし甘い缶コーヒーを飲んでしまうと一気に大量の糖質を摂取してしまうことになるので注意しましょう。

YOUR DAILY COFFEE INSPIRATION☕さん(@peoplebrewcoffee)がシェアした投稿


このように糖質制限ダイエット中であってもコーヒーにはほとんど糖質が含まれていないので飲むことができます。また、コーヒーにはもともとダイエットに適した成分が入っているので一石二鳥であるとも言えます。

ただし、砂糖やミルクを入れすぎたり缶コーヒーを飲んだりすると予想以上に多くの糖質を摂取することになってしまうので注意しましょう。

参照記事
ブラックコーヒー(バターコーヒー)ダイエットの凄い効果

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう