フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

ジンジャーコーヒーとは何か?ほっと温まるアレンジコーヒー

コーヒーをストレートで飲まずに砂糖やミルクを入れる人も多いかと思います。しかし、アレンジコーヒーといって砂糖やミルク以外の調味料を加えて、コーヒーの味を大きく変化させて楽しむこともできます。

いろんな種類があるのですが、その中でも生姜を入れたジンジャーコーヒーはスパイシーでオリエンタルな味をコーヒーに加えることができて、かつ体を温めることができます。今回はそんなジンジャーコーヒーについて書いていこうと思います。

Gluten-Free Living Indiaさん(@glutenfreelivingindia)がシェアした投稿

ジンジャーコーヒーとは何か?

ジンジャーコーヒーとはひとことで言うと生姜を入れたアレンジコーヒーになります。コーヒーは酸味や苦味を楽しむことができますが、そこにジンジャーを加えることによってスパイシーさを楽しむことも出来ます。

コーヒーに生姜を入れるジンジャーコーヒーは多くの人によって飲まれており、特にインドネシア、台湾、サウジアラビアなどでは伝統的にジンジャーコーヒーが楽しまれています。日本でも体が温まることなどから一部の人によって飲まれています。

参照記事
ミントコーヒーが流行りつつある!その作り方(レシピ)について

ジンジャーコーヒーの作り方

ジンジャーコーヒーは家でも手軽に作ることができます。必要な材料はホットコーヒー、おろし生姜、砂糖、はちみつになります。コーヒーはハンドドリップで淹れても良いですが、インスタントコーヒーでも十分に楽しむことができます。

ジンジャーコーヒーの作り方は、まずマグカップに生姜、砂糖、はちみつを入れます。そこにホットコーヒーを注ぎ込んでしっかりと混ぜれば完成です。好みでシナモンを入れてもよく、”チャイ”のようなスパイシーさを感じることができます。

Embran Nawawiさん(@embrannawawi)がシェアした投稿

ジンジャーコーヒーの効果・効能

コーヒーには人の健康にいろんな効果があると言われていますが、ジンジャーにも人間の身体に与える効果・効能がいくつもあります。その中でも代表的なものが血液の循環を促進して体を温める効果です。

それによって新陳代謝が促進され、冷え性によく効くと言われています。実際にジンジャーコーヒーを飲んでみると体がポカポカしています。

他にも、消化を促進する効果もあります。これはコーヒーにも同様の効果・効能があるのですが、胃の働きを促進して胃もたれの解消にも役立ちます。

参照記事
抹茶コーヒーとは?混ぜるだけで簡単に作れるアレンジコーヒー

コーヒーチェーン店でもジンジャーはよく使われている

コーヒーのチェーン店においてもジンジャーを使ったドリンクはよく提供されています。スターバックスでは冬になるとほぼ毎シーズン、ジンジャーを使ったラテなどが提供されており、人気商品となっております。

他のコーヒーチェーン店においてもジンジャーを使ったドリンクは定期的に提供されています。ホットコーヒーだけでなくエスプレッソを使ったラテにもよくマッチするのでアレンジコーヒーの材料として生姜はとても使いやすいのです。

Daphne Mia G.さん(@thedaphnemia)がシェアした投稿


このようにジンジャーコーヒーは誰でも手軽に作ることができると同時に生姜とコーヒーで体を温めることができます。興味がある人はぜひ試して見てください。

参照記事
コーヒービールとドラフトコーヒー(ニトロコーヒー)とは?

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう