アメリカンコーヒーとは?日本でしか通じない謎のコーヒー

カフェや喫茶店のメニュー表で「アメリカンコーヒー」を見ることがあるかと思いますが、実はアメリカンコーヒーって何なのかあまり知らないという人も意外に多いのではないかと思います。

似た名前のコーヒーに「アメリカーノ・コーヒー」という全く別の飲み物もあることも混乱をまねく要因だと思います。しかもアメリカンコーヒーはアメリカという名前が付いているくせにアメリカでは通じないという謎っぷりです。

今回はそんなアメリカン・コーヒーについて書いていこうと思います。

参照記事
どんぐりコーヒーとは何か?さっぱりとした代用コーヒーの作り方

アメリカンコーヒーとは何か

アメリカンコーヒーをひとことで言うと、浅く焙煎したコーヒー豆で作ったコーヒーになります。ただ浅く焙煎したコーヒーであり、何か特別なアレンジをしているわけではないただのコーヒーです(笑)

ホットコーヒーをお湯で割って薄めたもののことをアメリカンコーヒーと勘違いしている人もいます。しかし、味の薄いコーヒーという点では似ていますが、正確には浅い焙煎したコーヒーがアメリカンコーヒーになります。

コーヒーの焙煎具合については、8段階に分けて分類することが多く、

ライトロースト・・・とても浅煎り
シナモンロースト・・・浅煎り
ミディアムロースト・・・やや浅めの中煎り
ハイロースト・・・中煎り
シティロースト・・・・やや深めの中煎り
フルシティロースト・・やや深煎り
フレンチロースト・・・深煎り
イタリアンロースト・・ごく深煎り

というように分類されます。コーヒーは、コーヒーノキで収穫された後に、コーヒーチェリーの皮や果肉など外側を覆う部分が取り除かれて精製され、焙煎されて、最後は挽いて粉状になった後に、お湯を入れて抽出することで飲むことができます。


この焙煎という過程は、コーヒーの生豆を“焼く”ような過程であり、この焙煎具合に応じてコーヒーの味は苦味が強くなったり酸味が強くなったりと変化します。

アメリカンコーヒーではこの中でシナモンローストやミディアムローストで焙煎されたコーヒー豆に、お湯を少し多めに使って抽出したコーヒーになります。

参照記事
コーヒーの焙煎とは何かゴリラでもあっさり分かるように解説!

アメリカで通じない「アメリカンコーヒー」の由来

そんな浅く焙煎されたコーヒー豆で作るアメリカンコーヒーですが、実は名前が“アメリカン”のくせにアメリカでは通じません。実はアメリカンコーヒーは日本でのみ使われている和製英語なのです。

アメリカではアメリカンコーヒーのことをただ単に「弱めのコーヒー(weak coffee)」と呼びます。特殊なアレンジをするわけではないので、わざわざ名前をつけるほどのことでもないということなのでしょう。

ではなぜ日本ではアメリカンコーヒーと呼ばれるかというと、それは歴史的な経緯で、戦争後にアメリカ人が浅く焙煎したコーヒーを好んで飲む人が多かったので、「浅く焙煎して飲むコーヒー」=「アメリカ人がよく飲むコーヒー」=「アメリカンコーヒー」となったのです。

そもそもアメリカ人が浅く焙煎されたコーヒーが好きである理由については諸説ありますが、当時アメリカで使用されていた「パーコレーター」というコーヒー器具が粗挽きであったために、浅く焙煎されたものが好まれたという意見が有力です。

他にも、アメリカの水質は基本的にアルカリ性であり、深煎りコーヒーとの相性が良くないことや、コーヒーを深く焙煎するとコーヒーの重さが軽くなってしまうので、浅く焙煎してできるだけ安く多く飲めるようにしたことをアメリカ人が浅く焙煎したコーヒーが好きな理由としてあげる意見もあります。

いずれにしても、浅い焙煎具合が好きなアメリカ人を見て、それを真似して日本でも飲み始めたのが、「アメリカンコーヒー」という名前の由来です。アメリカンコーヒーなのにアメリカでは通じないというのは何か面白いですね(笑)

「アメリカンコーヒー」と「〇〇」との違い

ブレンドコーヒーとの違いは?

最初に言ったように「アメリカンコーヒー」の作り方は浅い焙煎具合のコーヒー豆でコーヒーを抽出するというもの。

一方で、ブレンドコーヒーは2種類以上のコーヒー豆を混ぜて淹れたコーヒーになります。
コーヒー豆は産地や品種などがたくさんありますが、それらを混ぜ合わせることによって味のバランスをとって飲みやすくしたり、それぞれの良さを引き出す配合を行うことで新しい味を作り出したりします。

参照記事
ブレンドコーヒーとは?その作り方と配合方法

アメリカーノとの違いは?

「アメリカンコーヒー」と似たような名前のコーヒーに「アメリカーノ」というものがあります。名前はほぼ同じなのですが、出来上がるまでの作り方は全く異なります。

まず、アメリカンコーヒーは浅い焙煎で作ったコーヒー豆で抽出した普通のホットコーヒーになります。一方で、アメリカーノはエスプレッソをお湯で薄めた飲み物になります。

アメリカーノはエスプレッソを使っています。そのために比較的に苦味とコクが強いのですが、後味はさっぱりとしています。アメリカンとアメリカーノで名前が非常に似ていてややこしいですね(笑)

参照記事
エスプレッソvsルンゴvsアメリカーノvsロングブラックの違い

アメリカンコーヒーの味

アメリカンコーヒーの味ですが、アメリカでは「弱めのコーヒー(weak coffee)」と呼ばれているだけあって、苦味は弱くて酸味が強いコーヒーになります。

浅い焙煎ほど苦味は弱くて酸味が強苦なるのですが、一方で意外にもカフェインの量は浅い焙煎のコーヒーの方が多くなります。アメリカンコーヒーには「モーニング・コーヒー」という別名があるくらいであり、眠気の抜けない朝にカフェインの強いアメリカンコーヒーを飲んで目を覚ますことからこう呼ばれています。


ちなみにアメリカンコーヒーの良さを引き出すには軟水を使用することがおすすめです。マグネシウムなどの余分な成分の含有量が少ない方がすっきりとしたコーヒーになり、酸味の強いアメリカンコーヒーにうまく合うためです。

朝が弱い人は、1杯の温かいアメリカンコーヒーを飲んで目をすっきりと覚まして、その日を始めるのも良いかもしれませんね。

参照記事
あんこコーヒーとは何か?意外に合うこの組み合わせ