フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーフロートとは?コーヒーにアイスクリーム入れた作り方

コーヒーは苦くて少し苦手だから飲めないという人も多いかと思います。実際に僕もはじめのうちはなぜみんなあんな苦い飲み物を飲むのか理解できませんでした。しかし、コーヒーは単体で飲まずにいろんなものと組み合わせることで楽しむこともできます。

そんな組み合わせの中で昔から人気なのが、アイスコーヒーにバニラアイスクリームを組み合わせたコーヒーフロートです。苦くてコクのあるアイスコーヒーに甘いバニラアイスクリームを乗せることでお互いがマッチして美味しい飲み物へと変化します。

M @ Yさん(@ekalak)がシェアした投稿


コーヒーフロートは家で簡単に作ることもでき、甘すぎず苦すぎず絶妙なバランスを保っているので、多くの人から好んで飲まれています。今回はそんなコーヒーフロートについて書いて行こうと思います。

参照記事
コーヒービールとドラフトコーヒー(ニトロコーヒー)とは?

コーヒーフロートとは何か?

コーヒーフロートとはひとことで言うと、アイスコーヒーにアイスクリームを浮かべた飲み物になります。アイスコーヒーにガムシロップを入れただけではどこか物足りないという人も多いかと思います。

そこでそのアイスコーヒーの上にアイスクリームを乗せてコーヒーフロートにすることで、よりデザートとしての要素を強くすることができます。実際にコーヒーフロートは昔からカフェや喫茶店の定番メニューとして定着しています。

@rong_e2がシェアした投稿


まろやかで甘いアイスクリームとコーヒーの苦味とコクがうまくマッチしており、特に暑い夏場には人気な商品になっています。

もともとフロート(float)とは”水面に浮かぶもの”という意味であり、アイスコーヒーにアイスクリームが浮いている状態からコーヒーフロートと呼ばれています。コーヒー以外にも、コーラにアイスクリームを浮かべたコーラフロートや、ソーダにアイスクリームを浮かべたクリームソーダも似たような発想な飲み物です。

参照記事
ユニコーンフラペチーノというSNSで盛大にバズったスタバの商品





コーヒーフロートの作り方(レシピ)

コーヒーフロートの作り方はいたって簡単です。必要な材料は、アイスコーヒー、バニラアイスクリーム、ガムシロップ、氷だけであり、手軽に準備することができます。ちなみにコーヒー豆は深煎りものを使用した方がより美味しくなります。

コーヒーフロートを作る手順は、まずグラスにアイスコーヒーと氷を入れます。そして氷の上にバニラアイスクリームを乗せれば完成です。このみに応じてバニラアイスクリームの上にミントの葉を乗せると一気におしゃれになります。

氷の上にバニラアイスクリームを乗せなければ温度差からすぐにバニラアイスクリームが溶けてしまうので、氷をたっぷりと入れてその上に乗せるように意識しましょう。

Charcuterinaさん(@charcuterina)がシェアした投稿


あまりコーヒーの苦味が得意ではないという場合には、ガムシロップを追加してより甘みを追加すると良いでしょう。

ちなみに余談ですが、コーヒーフロートはアイスコーヒーの上にアイスクリームを乗せましたが、アイスクリームの上にコーヒーをかける「アフォガート」という飲み物もあり、アフォガートもおしゃれデザートとして定着しています。

このようにコーヒーフロートは簡単に美味しい飲み物を作ることができます。アイスコーヒーを毎日飲むことに飽き始めてきたら、コーヒーフロートを作って飲んで見ても面白いかもしれません。

参照記事
カフェシェケラートとは何か?イタリア版アイスコーヒーの作り方






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう