フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

カレーにコーヒーを隠し味で入れるとかなり合うwww

小学生の頃の給食でカレーが出た時にはみんなやたらテンションが上がって、その日はずっといい気分になれました。社会人になった今でもカレーはたまに食べたくなり、家でカレーを作ることもあります。

カレーはやたら隠し味がフォーカスされて、ハチミツを入れたり、チョコレートを入れたりと、意外なものを入れることで味が個性的になってカレーが美味しくなることがあります。

参照記事
コーヒーに合う食べ物はこれだ!フードペアリングのすすめ

そんな中で実は「コーヒー」がカレーの隠し味としてマッチして味が美味しくなると話題になっています。カレーとコーヒーというと意外な組み合わせの気もしますが、カレーを食べたら食後にコーヒーを飲みたくなることもあるので案外合うのかもしれません。今回はそんなカレーの隠し味としてコーヒーを使うことについて書いていきます。

カレーにコーヒーを入れると味はどうなるか

カレーはそのまま食べても美味しいですが、隠し味を入れることでカレーの味をより一層引き出すことができます。コーヒーをカレーに入れることで期待できる効果は2つあります。

Jonesy and Co, Living Free 🌻さん(@jonesyandco)がシェアした投稿


1つ目は、コクをより引き出すことです。美味しいカレーはコクが違うとよく言いますが、コーヒーを加えることでコクをよりしっかりとさせることができます。コーヒーの持つコクがカレーのコクをより強める効果があるためです。

参照記事
あんこコーヒーとは何か?意外に合うこの組み合わせ

2つ目は、適度な苦さを引き出すことです。カレーの隠し味としてハチミツやチョコレートなどがよく言われますが、それらを加えるとどうしても味が甘くなって、子供っぽい味付けになってしまいます。コーヒーを加えることで大人なビターな味にすることができます。

カレーにコーヒーを加えることでカレーの専門家が作るような味わいに似せて作ることができます。コーヒーそのものの味は言われても気づかない程度なので、カレーそのものの味を打ち消すことはありません。

コーヒー入りカレーの作り方

コーヒー入りカレーの作り方ですが、特別に必要になるものはインスタントコーヒーのみです。インスタントコーヒーは嫌いだからという理由で、コーヒーのクオリティを上げると逆効果になります。

挽いたコーヒー豆をそのまま入れると溶けきらずにコーヒー豆にザラザラ感が残ってしまい味が台無しになります。抽出したコーヒーをそのまま加える方法もありますが、インスタントコーヒーほど味がうまくマッチしません。インスタントコーヒーがカレーとうまく溶け合いかつ味がマッチするので最適なのです。

The Trendy Baristaさん(@thetrendybarista)がシェアした投稿


カレー入りコーヒーの作り方は、まずは普段通りカレーを作っていきます。カレーを普通に作ると、最後にカレーのルーを入れると思うのですが、ルーを溶かした後のタミングでインスタントコーヒーを小さじ2杯分くらい入れます。

インスタントコーヒーを入れた後も普段通りの作り方で大丈夫であり、カレーにとろみが出てきたら完成です。インスタントコーヒーの量はカレーの量に応じて微妙に変わるので、少しずつ味見をして微調整すると良いです。

参照記事
キャラメルとコーヒーはよく合う!その味と作り方について

インスタントコーヒーを入れすぎるとコーヒーの苦味が引出すぎてしまうので注意しましょう。このようにただインスタントコーヒーをルーの後に入れるだけであり、作り方はいたって簡単です。

なぜコーヒーはカレーに合うのか

カレーにコーヒーを入れると隠し味としてうまくマッチしますし、そもそもカレーを食べると食後にコーヒーを飲みたくなることがあるかと思います。その理由はよく分かっていませんが、いくつかの理由が考えられます。

Nandita Iyerさん(@saffrontrail)がシェアした投稿


1つ目の理由は、カレーに入っている調味料がコーヒーとマッチするためです。カレーの辛さの源である唐辛子には消化機能の促進や覚醒などの作用があります。コーヒーに含まれるカフェインやタンニンにも同じような作用があり、その2つが組み合わされることで相乗効果が生まれます。

そして体がそれを分かっているためにカレーを食べた後にコーヒーを飲みたくなるというわけです。コーヒーを飲む理由として覚醒した状態で仕事などをしたいからという人もいるかと思いますが、カレーを食べるともしかしたら更に覚醒できる可能性があります。

参照記事
コーヒーとタバコは相性ピッタリ!口臭対策もご紹介!

2つ目の理由は、カレーを食べた後にさっぱりした気分になりたくなるためです。カレーを食べるとどうしても口の中がカレーっぽくなって、もやもやとしてしまいます。コーヒーを飲むことで口の中を綺麗に洗い流して、胃の中も綺麗にすることができます。

他にももともとカレーが喫茶店で提供されてきた歴史的な背景などいろんなことが考えられますが、いずれにしてもカレーとコーヒーの相性はピッタリです。カレーの味付けに困った際にはぜひ一度コーヒーを入れてみてください!
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう