フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

キャラメルとコーヒーはよく合う!その味と作り方について

コーヒーに甘さを入れる場合によく聞くのが砂糖、ガムシロップ、コーヒーミルクなどです。どうもコーヒーをブラックで飲むのが苦手という人はそれらで甘さを付けてコーヒーを楽しんでいるかと思います。

参照記事
コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)と牛乳の違い

そんな方々におすすめなのが「キャラメルシロップ」です。コーヒーにキャラメルシロップを入れて、キャラメルの風味をつけるとこれが意外によく合います。キャラメルとコーヒーは相性が良く、後で詳しく書きますがオランダではキャラメルのお菓子をコーヒーの上に乗せて食べる文化があるくらいです。

ブラックコーヒーにキャラメル風味を付け加えることで今までにはないコーヒーの味を楽しむことができます。今回はそんなキャラメルコーヒーについて書いていこうと思います。

キャラメルコーヒーとは何か

キャラメルコーヒーとはその名前の通りなのですが、コーヒーにキャラメルのシロップを入れて甘さとキャラメルの風味を付け加えたものです。コーヒーとキャラメルの相性の良さから一部の人から好んで飲まれています。

Алина Ильиныхさん(@alina_ilinikh)がシェアした投稿


実際にスタバなどでも、キャラメルマキアート(エスプレッソにミルクとキャラメルソースなどを加えたもの)、キャラメルフラペチーノ(エスプレッソ系のフラペチーノにキャラメルシロップを加えたもの)などキャラメルとコーヒーを絡めた商品がラインナップされています。

参照記事
フラペチーノ誕生秘話!スタバの人気商品はどう生まれたのか

ちなみにスタバの場合には好みの風味のシロップをカスタマイズしてコーヒーに追加することもできるので、ドリップコーヒーにキャラメルシロップを追加することも可能です。実際に僕がバイトをしていた時にも常連客でこのカスタマイズをする人が結構いました。




キャラメルコーヒーの味

そんなキャラメルとコーヒーを合わせたキャラメルコーヒーですが、コーヒーを口にした瞬間にキャラメルの風味が広がります。またコーヒーに甘さが加わり、柔らかい味わいになります。

キャラメルは見かけほどカロリーがないので、ダイエットを気にしている人でもそこまでカロリーに気を使う必要もありません。キャラメルの味が好きな人であるならばキャラメルコーヒーは是非試してほしいです。

参照記事
ブラックコーヒー(バターコーヒー)ダイエットの凄い効果

キャラメルコーヒーの作り方

一部のカフェや喫茶店でもキャラメルコーヒーは飲むことができますが、ご自宅でも簡単に作ることができます。ここでは簡単にキャラメルコーヒーの作り方についてご紹介できればと思います。

キャラメルミルクを作るために必要なものは、ミルクキャラメル2〜3個(お菓子コーナーに売っているやつ)とコーヒーだけで大丈夫です。

Yayaさん(@helooria)がシェアした投稿


作り方もいたって簡単で、マグカップにキャラメルミルクとコーヒーを少しだけ入れて電子レンジで加熱します(500Wで1分くらい)。加熱が終わったらキャラメルミルクを軽くかき混ぜてから、残りのコーヒーを全て入れます。キャラメルのとけ残りがないように更にかき混ぜたら完成です。

お好みに合わせて牛乳や砂糖を追加してもより味がマイルドになって良いです。コーヒーは高品質なものを使っても良いのですが、キャラメルでかなり風味が変わってしまうので、インスタントコーヒーで代用してもそこまで味に大きな変化はありません。

オランダ名物「リップヴァンワッフル」はコーヒーにキャラメル菓子を乗せて食べる

僕がアメリカのデトロイトに住んでいた時にカフェでイタリア系のアメリカ人によく英会話のレッスンをしてもらっていました。その人はとても“ファンキー”でやんちゃな人だったのですが、よくヨーロッパの話もしてくれました。

その中で「リップヴァンワッフル」というオランダの伝統的なコーヒーとお菓子の楽しみ方を教えてもらうことがありました。リップヴァンワッフルはその名前の通りワッフルなのですが、日本人がイメージするワッフルとは違ってクッキーのようにサクッとしています。

そしてリップヴァンワッフルの中にはキャラメルがたっぷりと入っています。イメージとしてはキャラメルが中に入っている薄いクッキーのような感じです。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


オランダではこれをホットコーヒーを入れたマグカップの上に乗せてフタをするような感じで乗せてしばらくしてから食べる文化があります。コーヒーの湯気と熱気でリップヴァンワッフルの中に入っているキャラメルが適度に溶けて、サクサクしていた外側もフニャフニャになります。

コーヒーの湯気で“のぼせて”柔らかくなったリップヴァンワッフルをコーヒーと一緒に食べると、フードペアリングとしてキャラメルとコーヒーの相性が最高に良く、美味しくコーヒーを楽しむことができます。

参照記事
コーヒーに合う食べ物はこれだ!フードペアリングのすすめ

最近ではサンフランシスコを中心としたアメリカでもリップヴァンワッフルは人気なようで、もしかしたらそのうち日本でもブームが来るかもしれません。

コーヒーとキャラメルを組み合わせて飲むという文化は日本ではまだ根付いておらず、あまりその組み合わせでコーヒーを楽しむ人も少ないですが、もし試したことがなければ一度試してみたら面白いかもしれません。





 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう