フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

エスプレッソ・ドッピオとは?スタバの隠れ商品の意味

日本ではコーヒーと言うとホットコーヒーを想像する人が多いですが、イタリアなどのヨーロッパではエスプレッソという凝縮されたコーヒーも多く飲まれています。

このエスプレッソにホットミルクを入れるとカフェラテやカプチーノになるのですが、エスプレッソだけで飲むこともできます。エスプレッソはコーヒーが凝縮されているので、量は少ないものの味はかなり濃くて強烈です。

Peter Fruehlingさん(@leica_time)がシェアした投稿


そんなエスプレッソコーヒーも作り方によって味や呼び名が変わります。その中でもエスプレッソコーヒーを2杯入れたものを「エスプレッソ・ドッピオ」と呼ぶのですが、スターバックスでは裏メニュー的な存在としてたまに注文されています。

今回はそんなエスプレッソ・ドッピオについて、そもそもエスプレッソ・ドッピオとは何か、他のエスプレッソコーヒーの種類などについて書いて行こうと思います。

参照記事
妊娠中(妊婦)にコーヒーがダメな理由とノンカフェインコーヒー

エスプレッソ・ドッピオとは何か

エスプレッソ・ドッピオとはひとことで言うと、エスプレッソコーヒーを2杯分入れたコーヒーです。もともとドッピオとはイタリア語でダブルという意味です。2杯のエスプレッソを入れることからこう呼ばれています。

一般的にエスプレッソは1杯でコーヒー豆9〜10gで30mlくらいのエスプレッソができます。なので、エスプレッソ・ドッピオの場合にはコーヒー豆18〜20gで60mlくらいのエスプレッソになります。

Barista Dailyさん(@baristadaily)がシェアした投稿


エスプレッソ・ドッピオはスタバを始めとしたチェーン店でも販売されており、日本人で注文する人はほとんどいませんが、日本を訪れている観光客などはエスプレッソ・ドッピオを注文する人も多いようです。

エスプレッソ・ドッピオの飲み方

エスプレッソ・ドッピオはその味がかなり濃いので普通に飲むとなかなか苦くて飲めません。そのために本場のイタリアでも砂糖をたっぷりと入れて甘くしてから飲む人が多いです。量が少ないので飲み物というには少し物足りない気もします。

またエスプレッソは抽出してからの経過時間とともに味が落ちていくので、抽出してからはすぐに飲むようにしましょう。すぐに飲むことでエスプレッソの芳ばしい香りとコクを楽しむことができます。

参照記事
ココナッツコーヒーとは?美容やダイエットの味方スーパーフード





エスプレッソ・ドッピオ以外のエスプレッソドリンク

エスプレッソ・ソロ

エスプレッソ・ソロはその名前の通りエスプレッソを1杯分だけ入れたコーヒーになります。そのためにエスプレッソ・ドッピオの半分のコーヒーです。コーヒー豆は9〜10gが使用されており、最終的には30mlくらいのエスプレッソが出来上がります。

Otten Coffeeさん(@ottencoffee)がシェアした投稿

エスプレッソ・リストレット

エスプレッソ・リストレットとはコーヒー豆自体はエスプレッソ・ソロと同じで9〜10gなのですが、使用するお湯の量は半分になるので、エスプレッソ・ソロやエスプレッソ・ドッピオよりも味がさらに濃いです。

参照記事
エスプレッソトニックとは?エスプレッソに炭酸を入れた作り方

エスプレッソ・ドッピオはカフェラテやカプチーノにも応用できる

エスプレッソ・ドッピオはそのままでなく、カフェラテやカプチーノにも応用することができます。例えばスターバックスのラテでは、スモールサイズとトーツサイズはエスプレッソ1杯ですが、これを2杯にしてエスプレッソ・ドッピオのように味を濃くすることができます。

カプチーノについても同じことが言えます。なのでカフェラテやカプチーノなどをより濃くしたい場合にはエスプレッソを追加すると良いです。

garagescoffeeさん(@garagescoffee)がシェアした投稿


このようにエスプレッソ・ドッピオとはエスプレッソ2杯分を意味しており、海外ではよく飲まれています。ご興味がある方はぜひ一度試して見てください。

参照記事
エスプレッソ・コンパナとは?その飲み方と作り方について






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう