フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーの蒸らしはなぜ重要なのか?その意味とやり方について

ペーパーフィルターなどを使ってご自宅でコーヒーをドリップする人も多いかと思います。コーヒーの粉をフィルターに入れてそこにお湯を注いでいきますが、その際に「蒸らし」という作業を行うのが一般的です。

この蒸らしの作業をするのとしないのとではコーヒーの味に大きな差が出てきます。今回はそんな蒸らしの作業について、そもそも蒸らしとは何なのか、何秒くらい蒸らすのがベストなのかなどについて書いて行こうと思います。

FlyingBaristaさん(@flyingbarista)がシェアした投稿

参照記事
コーヒー豆の通販をしている販売店おすすめ人気ランキング

コーヒーの蒸らしとは何か

コーヒーの蒸らしとはひとことで言うと、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に初めに少量のお湯を注いで一旦待つ作業のことを言います。美味しいコーヒーを淹れるためにはこの蒸らしの作業が重要になるのです。

この蒸らしの作業を行うことによって、コーヒーの粉に均等にお湯を行き渡らせて、コーヒーの味を引き出しやすくなります。蒸らしの作業でお湯を少しだけ注ぐと、コーヒーの粉がプクーと膨らんできます。この膨らみがあるかないかで新鮮なコーヒー豆を使っているかどうか判断することもできます。

初めの蒸らしの作業で注いだお湯でコーヒーの粉が膨らんでコーヒーを抽出する準備が整います。そして次の段階で残りのお湯を全て注いで一気にコーヒーを抽出していきます。その結果として美味しいコーヒーを飲むことが出来るのです。

ROAKRAKさん(@roakrak)がシェアした投稿


この蒸らしの作業はただお湯を少量注いで待つだけなのですが、実際にはどれくらいの時間蒸らすのか、何度のお湯を注ぐのかによってコーヒーの味に影響が出てくるので、ベストな蒸らしを意識することも重要です。

参照記事
カフェインレスコーヒー(ディカフェコーヒー)とは何か?





コーヒー蒸らしの時間と湯量について

コーヒーの蒸らしの時間は実は奥が深くて、人によって何秒くらい待つのがベストなのかという意見が異なります。よく言われているのは20秒くらい蒸らすと良いと言う意見です。蒸らすとコーヒーの粉が膨らむのですが、それがしぼんでくるのが20秒後くらいなのでそれに合わせて蒸らしを終了するという意見です。

しかし一方で、20秒だとまだ味が軽すぎるので60秒くらいまで蒸らしの時間を待った方が良いという意見もあります。60秒待てばコクも出てきて苦味や酸味がはっきりとしてくるからです。

実際のところ全てのコーヒー豆に通じる蒸らしにベストな時間など存在しないというのが現実のように感じます。そもそも自分がさっぱりとしたコーヒーを飲みたいのかどっしりとしたコーヒーを飲みたいのか、どれくらい焙煎したコーヒー豆を使っているのか、コーヒー豆の挽き具合はどれくらいかによってベストな蒸らし時間が変わってくるからです。

Majid Saad – ماجد سعدさん(@majid.rwd)がシェアした投稿


あくまで目安としてまずは20秒くらいでやってみて、そのあとに60秒くらいでやってみて、自分が美味しいと感じた方を採用するのが最も良いと思います。

コーヒーの粉に注ぐお湯の温度は92度〜96度くらいに設定するのが良いです。沸騰しているお湯を注ぐよりもそれより少し冷めたお湯を注ぐ方がコーヒーの美味しいさを引き出すことが出来るからです。

参照記事
クリスタルドリッパーとは?ハリオに負けないキーコーヒーのドリッパー

コーヒーの蒸らしで待たずにかき混ぜるのが流行り?

コーヒーのベストな蒸らしですが、他にも特殊な方法がいくつか存在します。最近だとサードウェーブコーヒーの影響で浅煎りのコーヒー豆を使用するお店が多いですが、浅煎りのコーヒーだと密度が高くて膨らみが小さくなってしまいます。

そのために、ただお湯を注いで蒸らしを待っているだけだとコーヒーの美味しいさを十分に引き出すことができません。そこで蒸らしの作業をしている最中にお湯とコーヒーの粉をヘラでかき混ぜるお店も存在します。かき混ぜることで浅煎りの蒸らしをしっかりと行うことが出来るのです。

蒸らしでコーヒーが美味しくなる理由

コーヒーの抽出で蒸らしが重要な理由は大きく分けて2つあります。1つ目は蒸らすことで均一にコーヒーが抽出出来るようになることであり、2つ目は蒸らすことでガスを外に出すことが出来るからです。

蒸らすことで均一にコーヒーが抽出出来る

コーヒーを蒸らすことで均一に全てのコーヒーの粉からコーヒーを抽出出来るようになります。お湯を初めに注いだ時には一部のコーヒーの粉にしかお湯が触れなくて、コーヒーの粉全体からコーヒーを抽出することができません。

しかし蒸らしの工程を入れることで、コーヒーの粉全体からコーヒーを抽出することが出来るようになり、ムラをなくすことが出来るのです。

Alternative Coffee Brewingさん(@alternativebrewing)がシェアした投稿

蒸らすことでガスを外に出すことが出来る

コーヒーの粉には焙煎の過程で大量の二酸化炭素ガスが含まれます。この状態にお湯を注ぐと二酸化炭素ガスが放出されるので、その結果としてコーヒーの粉が膨らみます。コーヒーを蒸らすことでこのガスを事前に外に放出させて、本格的にお湯を注ぎ始めた時にお湯がコーヒーの粉に馴染みやすくすることができます。

これをしないとガスが邪魔をして、お湯とコーヒーの粉が十分に接することができません。その結果として酸味の強めなコーヒーが出来上がってしまいます。

このようにコーヒーの蒸らしの作業には美味しさを引き出すための重要な意味があります。自分の好みの味にするにはどれくらい蒸らしたらいいのかいろいろと試しながら、ベストな蒸らし方を見つけることができれば、今まで以上に美味しいコーヒーをご自宅で飲むことが出来るかもしれません。

参照記事
コーヒー豆の産地おすすめランキング【保存版】






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう