フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

キリマンジャロなどタンザニア産コーヒー豆の特徴について

アフリカの東海岸にタンザニアという国がありますが、タンザニアという国の名前を聞いたことのある人はあまりいないのではないかと思います。しかし、そこにはキリマンジャロという大きな山があり、キリマンジャロでしたら誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

このキリマンジャロで採れるタンザニアのコーヒー豆は、コーヒー好きでしたら一度は飲んでおいて損はない美味しいコーヒー豆です。今回はそんなタンザニア産のコーヒー豆であるキリマンジャロについて書いていきます。

目次

1). タンザニアとはそもそもどんな国なのか
2). タンザニア産コーヒー豆といったら「キリマンジャロコーヒー」
3). キリマンジャロコーヒーのランク付け
4). タンザニア産のキリマンジャロコーヒーの歴史
5). キリマンジャロコーヒーの味
6). タンザニア産キリマンジャロコーヒーの栽培方法

タンザニアとはそもそもどんな国なのか

そもそもタンザニアについてなのですが、タンザニアはアフリカ大陸の東海岸にあります。世界地図で見るとそこまで大きくなさそうなのですが、面積は日本の約2.5倍あり、意外に大きな面積を持っています。

イギリスとドイツの植民地であった過去があり、何度かの独立運動が勃発して、独立し、国内で分離されていたエリアも無事に統一することができました。

なんと言ってもキリマンジャロが最も有名であり、登山などの観光客による観光収入が国を支えています。他にも農産物が有名であり、今回ご紹介するコーヒー豆もタンザニアの国を支える産業の1つです。

参照記事
ケニア産コーヒー豆の種類とさっぱりした味の特徴について

タンザニア産コーヒー豆といったら「キリマンジャロコーヒー」

タンザニア産のコーヒー豆と言ったらなんといっても「キリマンジャロコーヒー」です。キリマンジャロコーヒーはタンザニア北部にあるアフリカで最も高い山であるキリマンジャロの名前から由来しています。喫茶店やコーヒー愛好家の間では「キリマン」と略されて言われたりもします。

Formerly Where Is Noodles?さん(@_whereisnikki)が投稿した写真

(1) キリマンジャロコーヒーは高い標高で栽培されている

キリマンジャロの標高は5,895mあり、日本の富士山よりも大きく、山域は国立公園にも指定されています。あまりにも高い山なので「アフリカ大陸の屋根」というユニークなニックネームも持っており、キリマンジャロコーヒーはこの山のふもとの町が栽培地となっております。

このキリマンジャロのふもとの標高1,500m〜2,500mでは特に高品質なコーヒー豆を採ることができます。しかし実はキリマンジャロコーヒーの名称なのですが、このキリマンジャロで採れるコーヒー豆だけでなく、タンザニア産の高級コーヒー豆ほぼ全てでこの名称を名乗ることができます(笑)

(2) タンザニア産のコーヒー豆は全部キリマンジャロ?!

もともと日本でキリマンジャロコーヒーが飲まれるようになったきっかけとして、有名小説家のヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」がヒットしたというのが理由としてあります。

タイトルにそのまま「キリマンジャロ」という単語が使われていたので、タンザニアと名乗るよりもキリマンジャロと名乗った方がコーヒーも売れそうというイメージ戦略的な背景があったのです。

参照記事
ブルーマウンテンなどジャマイカ産コーヒー豆の特徴

(3) 日本人に大人気のキリマンジャロコーヒー

タンザニアではたくさんのコーヒーが毎年生産されますが、その30%以上h日本に輸出されています。日本では昔からキリマンジャロコーヒーのブランドに対する愛着が深く、アフリカのコーヒー豆と言ったらキリマンジャロという人が多くいます。

日本ではキリマンジャロと言ったらコーヒーの有名ブランドとしてほとんどの人が知っていますが、他の国々では日本ほどキリマンジャロ産のコーヒー豆は有名ではないのです。

キリマンジャロコーヒーのランク付け

キリマンジャロコーヒーはそのコーヒー豆の大きさによってランク付けされます。コーヒー豆が大きいほどランクが高くなる仕組みになっており、AA~Cに分類され、AAが最高級品と格付けされています。

具体的には、AA(6.75mm以上)、A(6.25mm〜6.75mm)、B(6.15mm〜6.25mm)、C(5.9mm〜6.15mm)となっております。このほかにもアラビカ種でそもそもないコーヒー豆は別のランクが付けられます。また、タンザニアで採れるコーヒー豆の種類として、キリマンジャロ以外のものとしては、スノートップやアデラなどがあげられます。

Anastasia Egorovaさん(@anastasiia__egorova)が投稿した写真

タンザニア産のキリマンジャロコーヒーの歴史

タンザニアで採れるコーヒーの歴史は古く今から300年以上前になると言われています。タンザニアにあるビクトリア湖の西側にあるブコバ地方に、ウガンダの種族であるブニョロ族が、その当時ウガンダを支配していた今後からコーヒーの種子を持ち込んだのが始まりであると言われています。(カタカナが多いw)

その後もキリスト教イエズス会によってアラビカ種が1863年に伝えられたりはしたものの、定着はしませんでした。植民地時代になり、植民地支配していたドイツが1890年代にコーヒー豆のプランテーション栽培を始めました。

それでもうまくタンザニアでコーヒー豆の木を育てることはできませんでした。東アフリカの地域はもともと降水量が多くて管理が難しく、肝心な労働者の数も足りていなかったのが原因であると言われています。

윤정💚 #onthetable 🍴さん(@loveyun_k)が投稿した写真


しかし、タンザニアのコーヒー栽培に転機が訪れたのは1914年頃でした。何度も失敗を重ねながらも、植民地支配していたドイツとイギリスが大規模なコーヒー豆のプランテーションの開発を行い、100を超えるプランテーションで、200万本以上のコーヒー豆が栽培されるようになりました。

できだばかりの当時はまだブランド力がなかったので、まずはイエメンに運ばれて、モカブランドにしてからヨーロッパ人に飲まれるようになりました。イエメンのコーヒー豆はモカというブランドで認知度が高かったので、いったんそこを経由することでイエメン産にした感じです(これってインチキですよねw)

参照記事
サントスなどブラジル産コーヒー豆の特徴!生産量は世界一

その後もあまり人気は出なかったのですが、ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」がきっかけとなって日本ではキリマンジャロブームが到来し、今の絶対的なブランドを築き上げたのです。

現在では、タンザニアの農産物の輸出は輸出全体の75%を占めており、総人口の85%が農業に従事してます。コーヒーが代表的な農産物の1つですが、他にも綿花、サイザル麻、ダイヤモンドなどが有名です。

キリマンジャロコーヒーの味

キリマンジャロコーヒーの特徴は、何と言っても強い酸味です。酸味が効いたコーヒーが好きな人にはおすすめなコーヒー豆です。甘い香りと、強いコクもあり、安っぽい酸味を感じさせないのもポイントです。

アフリカで採れるコーヒー豆なので、よく“野性味があふれる”と表現されることがあります。野性味あふれるとは言っても雑味がないので、後味もスッキリしていて飲みやすい印象です。

完全に個人的な意見ですが、キリマンジャロを始めとしたアフリカのコーヒーはさっぱりしていて癒し系なので、ストレス社会で生きている日本人には向いているのではないかと感じております。

参照記事
ジャコウネコ(コピルアク)という世界一価格が高いコーヒー豆

タンザニア産キリマンジャロコーヒーの栽培方法

キリマンジャロコーヒーの栽培を支えているのは、何と言ってもキリマンジャロの山です。キリマンジャロコーヒーのほとんどはこの山のふもとの標高1,500m〜2,500mのところで栽培されています。標高が高くなるにつれて昼と夜の温度差が激しくなり、身の引き締まった美味しいコーヒー豆を作ることができます。

タンザニア全体の気候は赤道のほぼ真下に位置してはいるものの、高地のエリアが多いために比較的に温度が低くて過ごしやすい環境になっております。暑すぎるエリアでは栽培に適さないコーヒー豆の栽培をこの高地が可能にしているのです。

@miwaonlineが投稿した写真


雨季と乾季がしっかりとあり、降水量は年間で750mmほどであり、山地の南東斜面では1,200mmを超えるといわれています。ただ同じタンザニアでもエリアに応じて環境が異なり、インド洋に面した沿岸部は高温多湿ではっきりとした乾季がありません。一方で大陸内部は、雨季と乾季が交互にあり、温度差が激しいエリアとなっております。

また、火山灰性のミネラルが多い肥沃な土壌に加えて、キリマンジャロの雪や氷が溶けと物が水源となり、バランスが取れた良質なコーヒー豆の育成に貢献しています。

キリマンジャロコーヒーの90%が小規模農園によって栽培されており、山の斜面で1つ1つ手摘みでコーヒー豆の収穫がされています。小規模農園の数は40万を超えており、人口の10%は何らかの形でコーヒー産業に携わっているといわれています。

コーヒー豆のほとんどが水洗式で加工され、キリマンジャロのウォッシュド製法である水洗式は作業過程に機械を導入しており、コーヒー豆の品質を均一に精製しており、キリマンジャロコーヒーに統一感を出しています。

参照記事
コーヒー豆の産地と栽培条件の特徴について【保存版】

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう