フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

カフェオレベース(コーヒーベース)とは?ギフトにぴったり

家で美味しいコーヒーを飲む方法はいくつかあります。コーヒーが好きな人でしたら、好きなコーヒー豆をドリップして入れますし、そこまでコーヒーに興味がないけど今すぐカフェインが必要なんだという人は、インスタントコーヒーを飲むとおもいます。

ドリップのような面倒な作業は嫌だけどほどほどに美味しいコーヒーが飲めないものかと思っている人も多くいるかと思いますが、そんな人にオススメなのがカフェオレベース(コーヒーベース)です。

カフェオレベースとは何か

カフェオレベースという名前から何となく想像できる人もいるかとは思いますが、カフェオレベースとは濃いコーヒーの原液のようなものです。イメージとしてはカルピスのカフェオレ版のようなものです。

カルピスはカルピスの原液を水で割ると美味しいカルピスができますが、カフェオレベースは牛乳で割ると美味しいカフェオレができます。牛乳で割るだけで簡単にカフェオレを作ることが出来るので、手軽にカフェオレを飲みたい一部の人から人気です。

Simone Engelbrektさん(@engelbrekten)がシェアした投稿


薄めて作るカフェオレということで、カフェオレベース以外にも、コーヒーシロップやコーヒーエッセンスなど他の名前で呼ばれることもありますが全て同じです。

温ためた牛乳で割ればホットカフェオレであり、冷たい牛乳で割れば冷たいカフェオレですし、普通の牛乳ではなくて低脂肪牛乳にしたり豆乳にしたりと、その日の気分に応じて微調整できるのも人気な理由です。

参照記事
塩をコーヒーに入れると意外にイケる!エチオピアの伝統方法

カフェオレベースをアレンジしたレシピ

カフェオレベースの良いところは、ただカフェオレにするだけでなく発想次第でいろんなアレンジの方法がある点です。普通に牛乳を入れればカフェオレとして楽しめますし、ガムシロップやカフェオレベースの量を調整することで子供でも飲むことができるようになります。

そのほかにも、アレンジを効かせてアイスクリームにカフェオレベースをかければ「アフォガード」になります。アフォガードはイタリアでよく食べられるデザートで、本来ならばエスプレッソをかけて楽しみますが、カフェオレベースでも似たような味を楽しめます。

Rachel Cさん(@bothgirl)がシェアした投稿


アフォガードとして楽しむ際にはカフェオレベースを電子レンジで温めてから飲むと、アイスがカフェオレベースで良い感じに溶けて美味しく食べることができます。

アフォガード以外にも、ホットケーキのシロップにしたり、コーヒー味のクッキーを作る際の材料にしたりすることができます。アレンジの仕方次第で楽しみ方は無限大なので、いろいろと試してみると良いかもしれません。

参照記事
炭焼きコーヒー豆とは何か?特殊な焙煎方法で出来る美味しさ

カフェオレベースの作り方

カフェオレベースは市販でも瓶などに入れて販売されていますが、自分で作ることも可能です。しかも自作でカフェオレベースを作ることもそこまで難しくありません。しかも必要なものは、コーヒー豆(できるだけ深煎りのコーヒー豆)と砂糖くらいです。

カフェオレベースの作り方はまず、コーヒーを抽出します。できるだけ深煎りのコーヒー豆を使って、コーヒーの量に対してお湯の量を多くすることで濃い目にコーヒーを作ると良いです。目安としてはコーヒー豆60gにお湯を500mgくらいです。

Pavel Yudinさん(@pavelyudin)がシェアした投稿


次に抽出したコーヒーに砂糖を加えます。砂糖の量は好みに応じて調整すると良いですが、目安は150gほどが良いと思います。

最後にコーヒーに砂糖を加えたものを鍋に移して弱火で10分ほど煮込みます。この過程でカフェオレベースの濃度が上がって、コーヒーの原液っぽくなります。煮込んだらカフェオレベースを瓶に移して完成です。

参照記事
コーヒーに合う食べ物はこれだ!フードペアリングのすすめ

完成したカフェオレベースは瓶ごと冷蔵庫に入れて冷蔵保存します。賞味期限はざっくりと5日くらいを目安に考えれば問題ないかと思います。

コーヒー豆が余った際などは、カフェオレベースにして加工して保存しても面白いですね。カフェオレベースを使えば、アレンジの工夫ひとつでコーヒーを日頃の料理に取り込むことも可能になります。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう