フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーフラッペとは?コンビニや自宅での作り方

コーヒーは何も入れずにブラックコーヒーで飲んでも美味しいですが、苦くて苦手だと言う人も多いかと思います。また、冬ならいいけど暑い夏場にまでホットコーヒーを飲みたくもないという人も多いかと思います。

そんな人から人気があるコーヒーを使った飲み物が「コーヒーフラッペ」です。スタバのフラペチーノが有名ですが、コーヒーを入れたシェイク状のアイスであるコーヒーフラッペが多くの人によって飲まれています。

僕も暑い夏場には必ずと言って良いほど飲むのですが、今回はそんなコーヒーフラッペについて書いていこうと思います。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿

参照記事
ユニコーンフラペチーノというSNSで盛大にバズったスタバの商品

コーヒーフラッペとは何か?

コーヒーフラッペとはひとことで言うと、コーヒーの味がするシェイクになります。もともとフラッペとは氷でよく冷やしたものという意味なのです。

コーヒー以外にもいろんなシロップがあるのですが、その中でもコーヒーの風味にしたものをコーヒーフラッペと呼びます。

コーヒーフラッペはそれを提供している会社によって、フラッペ、スムージー、フラペチーノなどといろんな呼び名がありますが、どれも基本的には同じです。

厳密にはフラッペは氷にシロップなどがかけられたもので、スムージーは凍らせたフルーツを砕いたものですが、そこまで厳密に区別はされていません。日本でいうかき氷がこれに近い気がします。

参照記事
スタバはなぜグランデとベンティだけイタリア語を使うのか





コンビニでもコーヒーフラッペは提供されている

最近ではコンビニでコーヒーを飲む人が多く、僕も毎日のように飲んでいます。そんなコンビニコーヒーにも実はコーヒーフラッペが存在しています。

コンビニのアイスなどが売っているエリアでコーヒーフラッペのパックを購入し、あとはパックをモミモミすることで氷を簡単に砕いて、コーヒーを入れるだけです。コンビニのコーヒーフラッペを活用すれば簡単かつ安価にコーヒーフラッペを飲むことができます。

コーヒーフラッペの自宅での作り方

コーヒーフラッペは簡単にご自宅でも作ることができます。準備するものはかき氷とインスタントコーヒーと牛乳だけです。

コーヒーフラッペの作り方の手順としては、まずかき氷を削ってアイスを作ります。次にインスタントコーヒーを牛乳で溶かしてアイスラテのようなものを作ります。あとはそれをアイスにかければ完成です。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


甘いものが好きな場合にはガムシロップを混ぜても美味しいです。簡単に作れるので暑い夏場などでかき氷を作るついでにコーヒーフラッペも合わせて作ると良いかもしれません。

参照記事
スタバがコーヒー生豆をウィスキー樽で寝かし始めたwww

スタバのフラペチーノはメガヒットした

コーヒーフラッペを語る上で欠かせないのがスタバのフラペチーノであると思います。もともとカフェは暑い夏場にはコーヒーの売上が伸び悩む時期であり、多くのカフェが暑い夏場にも売れる飲み物を開発していました。

そんな中で「the Coffee Connection」というカフェのオーナーがフラペチーノのもとになるものを考案し、その会社をスタバが買収したのがフラペチーノの始まりと言われています。

実際にスタバの売上に占めるフラペチーノの割合は多く、コーヒーフラッペがスタバを影で支え続けていると言っても過言ではないかと思います。

参照記事
フラペチーノ誕生秘話!スタバの人気商品はどう生まれたのか






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう