フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

レモンとコーヒー食べ合わせがイケてる!相性が良い組み合わせ

コーヒーはそのまま飲んでも美味しいですが、毎日同じものを飲んでいると今までとはちょっと違った方法でアクセントをつけてみたくなることがあります。

コーヒーに他の調味料を入れて甘さやスパイシーさを付けることをアレンジコーヒーと言いますが、中には「レモン」を入れてコーヒーの酸味をより強くするものもあります。コーヒー好きの人の中にはその酸味が好きでコーヒーを飲んでいるという人もいるかと思いますが、まさにそのような人にレモンコーヒーはおすすめです。

Growing an edible gardenさん(@sam_and_wild_violet_garden)がシェアした投稿


コーヒーを飲んで一息ついてリラックスしたい時にまさにレモンコーヒーは最適です。今回はそんなレモンコーヒーについて、その作り方や味、健康への影響などについて書いて行こうと思います。

参照記事
妊娠中(妊婦)にコーヒーがダメな理由とノンカフェインコーヒー

レモンコーヒーとは何か

レモンコーヒーとはひとことで言うとそのままですが、コーヒーにレモンを加えたアレンジコーヒーになります。コーヒーにはもともと酸味の要素がありますが、そこにレモンを加えることでその酸味をより強くすることができます。

サードウェーブの影響で浅煎りのさっぱりした酸味の効いたコーヒーが人気になりつつありますが、まさにコーヒーの酸味が好きな人にとってレモンコーヒーはおすすめであると言えます。

Nina Alina den Ruijter 🇳🇱🇵🇱さん(@nina.alina)がシェアした投稿


日本ではあまりレモンコーヒーを聞くことはありませんが、イタリアや中国ではスライスしたレモンをコーヒーに入れて飲むことがたまにあります。イタリアでは「カフェロマーノ」というレモンピールを入れたレモン風味のコーヒードリンクすら存在します。

参照記事
コーヒーが腎臓に悪いって本当?負担の影響について

レモンコーヒーの健康への影響

レモンにはもともとクエン酸とビタミンCが豊富に含まれており、美肌やアンチエイジングの作用があると言われています。またレモンの香りに含まれている”リモネン”という成分にはリラックス効果が期待されています。

コーヒーの持つ香りにもリラックス効果があるとされているので、レモンの香りとコーヒーの香りが組み合わさることで相乗的な効果を期待することができます。

Sarah Stewartさん(@lifeonvirginiastreet)がシェアした投稿

参照記事
マロンラテとは?その作り方(レシピ)と味について

レモンコーヒーの作り方(レシピ)と味

レモンコーヒーはご自宅でも簡単に作ることができます。必要な材料はホットコーヒーとレモン汁だけです。レモンコーヒーを作る手順は、まずホットコーヒーをいつも通り準備して、最後にそこにレモン汁を数滴加えたら完成です。

ホットコーヒーは浅煎りのさっぱりとしたコーヒー豆を使用するのがベストです。レモン汁とコーヒーの酸味が組み合わさって割と酸っぱくなるので、お好みに合わせてミルクやコーヒーシュガーを入れても楽しむことができます。

肝心なレモンコーヒーの味ですが、レモンのさっぱりとした爽やかな風味とコーヒーが合わさって、よりフルーティで酸味の効いたコーヒーを飲むことができます。

France 🇫🇷Côte d'Azur 🇫🇷 Niceさん(@evgeniya.prinsloo)がシェアした投稿


このようにレモンコーヒーはご自宅でも簡単に作ることができて、今まで以上にコーヒーに酸味を加えてさっぱりとさせることができます。ご興味がある方は是非一度試して見てください。

参照記事
アラビカ種とは?そのコーヒー豆の特徴と品種について

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう