フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

ネルドリップ(ネルフィルター)の特徴と手入れの方法について

コーヒーを抽出するための方法はいくつもあります。たとえドリップコーヒーであったとしても、ドリップに使うフィルターをペーパーフィルターにするのか、それとも金属フィルターにするのかなどでコーヒーの味が変わります。

今回はそんな中でも“布”を使ってコーヒーを抽出するネルドリップについて、その特徴や作り方、手入れの方法などについて書いていこうと思います。

参照記事
金属フィルターとは?ペーパーフィルターと比較した際の魅力

ネルドリップとは何か?

ネルドリップとはひとことで言うと、ドリップコーヒーを抽出するための方法の1つです。ネルフィルターという紙ではなくて布のフィルターを使ってコーヒーを抽出するという独特な方法になります。

ネルドリップは1821年にイギリスで開発されたと言われており、現在のドリップコーヒーの元祖的な存在です。ネルドリップの「ネル」は「フランネル」の略であり、布を意味します。そのために一部の人は「布ドリップ」などとも言います。

Tony Lさん(@sctonyling)がシェアした投稿


普通のドリップコーヒーはペーパーフィルターで紙を使って抽出するのですが、ネルドリップではネルフィルターという布を使用するので、この素材の違いが最終的に出来上がるコーヒーに味の変化をもたらします。

参照記事
ダッチ・コーヒーとは?独特な水出し方法でアイスコーヒーを作る





ネルドリップ(ネルフィルター)の特徴

ネルドリップの特徴は、お湯を入れて抽出する際にコーヒーの粉を最大限に膨らませることができることです。美味しいコーヒーを抽出するための条件に、コーヒーを十分に蒸らすことがあります。

ペーパーフィルターではプラスティックや陶磁器でできた固い“壁”に紙を入れますが、そうすると、どうしてもコーヒーの粉が固い壁に囲まれてしまい、お湯を入れた際に十分に広がることができません。

이수영さん(@yiisoo0)がシェアした投稿


一方で、ネルフィルターにはペーパードリプなどのように固い壁がないので、コーヒーの粉はお湯を注いでからあらゆる方向に膨らむことができ、十分に蒸らしてコーヒーの美味しさをフルに引き出すことができます。

また、ネルフィルターの特徴として、コーヒーに含まれているコーヒーオイルを多く抽出できると言われています。コーヒーオイルはコーヒーの味を引き出す大きな要因であり、コーヒーオイルを程よく抽出するためにネルドリップを活用している人もいるようです。

参照記事
コーヒーのオイル(油分)とは何か?その効果と効能について

しかし、ネルドリップはペーパードリップほど普及していません。それはネルドリップにはいくつかのデメリットが存在しているからです。特にどうしてもその構造上、手入れに手間がかかってしまうという問題があります。

ペーパーフィルターは毎回紙を入れ替えますが、ネルフィルターは毎回同じ布を使用します。そのためにコーヒーの抽出で付着したコーヒー豆かすを掃除する必要があります。ネルフィルターは使用後、水に張って冷蔵庫に入れて保管する必要もあります。

それら手間がかかる観点からネルフィルターはあまり広く使用されていませんが、コーヒーの美味しさをフルに引き出せる観点からそれでもネルドリップをする人もいるのが現状です。

ネルドリップコーヒーの入れ方

ネルドリップの入れるために必要な道具は、ネルフィルターとコーヒー豆の粉とお湯だけです。コーヒー豆は13gほどと通常のペーパードリップよりも少し多くして、挽き具合は中挽き〜粗挽きが丁度良いです。

ネルドリップの入れ方の手順は、まずネルフィルターを一度お湯に通して温めてから、しっかりと絞って水切りを行います。次にネルフィルターが冷めないうちにコーヒーの粉をフィルター内に入れます。

Caffeine Coutureさん(@caffeinecouture)がシェアした投稿


コーヒーの粉をセットしたら、少量のお湯を全体にかけて、コーヒーの粉全体を20秒間ほど蒸らしてお湯になじませます。お湯の温度は沸騰したものではなく90度くらいのものにしましょう。

蒸らす作業を20秒ほど待ったら、残りのお湯を「の」の字を描くようなイメージで円を描きながら注いでいきます。お湯を注ぐとコーヒーの粉が膨らんでくるので、溢れそうになったら注ぐのをやめて、完全に沈み込む前に再度注ぐという作業を繰り返しましょう。

ネルフィルターにお湯をかけるのではなくて、あくまでコーヒーの粉にお湯をかけるように気をつけましょう。ちなみにお湯を注ぐスピードを速くするとコーヒーは薄くなり、遅くするとコーヒーは濃くなります。

参照記事
サイフォンコーヒーとは何か?その入れ方と原理の特徴について

ネルフィルターの手入れについて

抽出した後のネルフィルターはペーパーフィルターと違って何度も使用することができます。その代わり、使い終わったネルフィルターは煮沸して掃除をする必要があります。

この煮沸の作業を怠ると、残ったコーヒー豆の粉が酸化して、カビのような臭いがしたり、そのネルフィルターを使って抽出したコーヒーの味が悪くなったりします。洗剤は使わずに揉み洗いと煮沸で掃除しましょう。

掃除をした後のネルフィルターは、水が入った密閉容器に入れて、冷蔵庫に保管するのが良いです。水はこまめに入れ替えてください。ネルフィルターの起毛がなくなったら新しいネルフィルターと交換する必要があります。

このようにネルフィルターの手入れは何かと面倒ではあるのですが、これを怠ってしまうと美味しいコーヒーを飲むことができなくなるので、定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

DATUMAAさん(@datumaa)がシェアした投稿

ネルドリップとペーパードリップの違い

コーヒーの抽出方法で何を使用するかでコーヒーの味には違いが出てきます。一般的にネルドリップとペーパードリップを比較した際には、ネルドリップの方がコーヒーオイルがより多く抽出されるので味がしっかりすると言われています。

ネルフィルターとペーパーフィルターでは、ネルフィルターの方が目の粗い布で出来ているので、より多くの成分を抽出することができるのです。ただし、これはコーヒーを飲む人の好みでもあり、すっきりとしたペーパードリップが好きな人も多いです。

このようにネルドリップは手間はかかるものの、コーヒーの味を最大限に引き出すことができます。普段の生活でペーパードリップを飲んでいる人は是非一度試してみてください。

参照記事
マイクロコーヒードリッパーとは?その使い方とメリットについて






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう