フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

アラビアコーヒーとは?カルダモンを入れたアラブのコーヒー

コーヒーは昔から世界各国で飲まれており、それぞれの国で独自の飲み方が開発されてきました。イタリアではエスプレッソでコーヒーを飲む方法が開発され、アイルランドではヨーロッパではお酒と一緒にコーヒーを飲む方法が開発されました。

そんな中で、中東のアラブ地域ではアラビアコーヒーと呼ばれる独自のコーヒーを飲む方法が開発されました。トルココーヒーというトルコ独自のコーヒーにも似ているのですが、アラビアコーヒーはユネスコの文化遺産にも登録されるほど文化的な価値が高いとされています。

Suradech H.さん(@i.am.timberline)がシェアした投稿


今回はそんなアラビアコーヒーについて、そもそもアラビアコーヒーとは何なのか、自宅で作るにはどうすれば良いのかなどについて書いていこうと思います。

参照記事
シルバースキンとは?除去することでコーヒーが美味しくなる

アラビアコーヒー(アラブコーヒー)とは何か

アラビアコーヒー(アラブコーヒー)とはひとことで言うと、コーヒーを沸騰したお湯で煮詰めて作るコーヒーのことを指します。主にサウジアラビアなどの中東でよく飲まれていることからアラビアコーヒーまたはアラブコーヒーと呼ばれています。

コーヒーの粉をフィルターなどを通さずに直接お湯で煮込みます。コーヒーの粉が十分に煮詰まったらそれをカップに注いで、コーヒーの粉を間違って飲まないように気をつけながら上澄みのみ飲みます。カルダモンというスパイスをコーヒーに入れて飲むことが多いです。

Photographyさん(@k_cars)がシェアした投稿


世界的にはトルココーヒーの名前でこの飲み方は知られているのですが、中東ではアラビアコーヒーやアラブコーヒーと呼ばれているそうです。

ちなみにアラブの遊牧民であるベドウィンは来訪者に対してアラビアコーヒーを振る舞う習慣があります。この”おもてなし”の精神は文化的に価値の高いものとされており、2015年にはユネスコの無形文化遺産に登録もされました。

参照記事
カルダモンコーヒーとは何か-香辛料を入れたインド式コーヒー

アラビアコーヒーがトルココーヒーと呼ばれない理由

アラビアコーヒーはその飲み方などはトルココーヒーとほぼ同じです。コーヒーを作るためにコーヒーの粉を煮詰めるのも同じですし、その際にイブリックと呼ばれる取っ手のついた小さ鍋のようなものを使うのも同じです。

しかし中東のアラブ諸国では決してトルココーヒーとは呼びません。これはかつて中東がオスマントルコ帝国に支配されていた歴史的な経緯によるものであり、かつて支配してきた敵の名前はコーヒーに使いたくないという想いからアラビアコーヒーという名前を使っています。

Inner Decayさん(@innerdecay)がシェアした投稿


余談ですが、これはギリシャコーヒーでも同じです。ギリシャでもトルココーヒーやアラビアコーヒーとほぼ同じ飲み方でコーヒーを飲む習慣があるのですが、決してトルココーヒーとは名乗らずにギリシャコーヒーを名乗っています。

参照記事
ギリシャコーヒーとは何か?その作り方と飲み方について

アラビアコーヒー(アラブコーヒー)の作り方(レシピ)

アラビアコーヒーは普通のコーヒーの作り方とは違いますが、ご自宅でも作ることが可能です。必要な材料は小さな鍋とコーヒーの粉のみです。

アラビアコーヒーの作り方の手順としては、まず小さな鍋でお湯を沸かします。沸騰したら火を止めて、鍋の中にコーヒーの粉を入れます。するとコーヒーの粉が膨らんでくるのでしばらく蒸らします。

30秒ほど蒸らしたら、再度鍋に火をかけて煮込みます。煮込み始めてしばらくすると泡が膨らんでくるので吹きこぼれそうになるタイミングで火を止めたら完成です。

コーヒーの粉ごとマグカップの中にそそぎ込み、コーヒーを飲む際にはコーヒーの粉を飲み込まないように注意しながら上澄みだけすするようにコーヒーを飲みます。

DAMRA BLUE COFFEEさん(@damrabluecoffee)がシェアした投稿


お好みでコーヒーの粉と一緒にカルダモンの香辛料を入れてもスパイスが効いてより美味しくなります。本場のアラビアでは砂糖をあまり入れずにカルダモンを入れるのが一般的なようです。

このようにアラビアコーヒーは伝統的にサウジアラビアなどの中東で飲まれており、そのおもてなしの精神はユネスコ無形文化遺産にもなりました。興味がある方はぜひ一度試して見てください。

参照記事
トルココーヒーとイブリックとは?その入れ方と飲み方について

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう