フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

スタバで氷なしミルク多めでドリンクを注文するとお得

カフェで冷たいドリンクを注文すると、氷がたっぷりと入った飲み物が出てきて何か損をした気分になることはありませんか?

せっかく大きいサイズで注文したのにその1/3くらいは氷が入っていて、肝心なドリンクの部分は少なくて何かがっかりしたような気分になることがあるかと思いますが、実はスタバでは氷の量を少なくしてミルクの量を多めに注文することができます。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


今回はスタバで氷なし(または少なめ)でミルクを多めに注文してちょっと得した気分になる方法について書いていこうと思います。

参照記事
ダッチ・コーヒーとは?独特な水出し方法でアイスコーヒーを作る

スタバで普通に注文すると1/3くらいは氷になる

何回もスターバックスを利用する人ならばわかるかと思いますが、スターバックスでアイスドリンクを注文するとその1/3くらいは氷が入っています。

確かにその分冷えたドリンクを飲むことができるのですが、あまりに氷が入っているとコーヒーが薄まってしまったり、飲み終わった後に氷が大量に残ったりすることがあります。

ゆっくりとコーヒーやエスプレッソドリンクを飲む人は良いのですが、割とすぐにドリンクを飲み終えるという人には氷がたっぷりと入っているドリンクはコスパが悪いと言えます。




スタバで注文する際に氷少なめミルク多めと伝える

このようにスタバで普通にコーヒーやエスプレッソドリンクを注文すると損した気分になるのですが、特に追加料金を払うことなく氷の量を減らすことができます。

その方法はいたって簡単で、レジで飲み物を注文する際に「氷少なめでミルク多めでお願いします」または「氷なしでミルク多めでお願いします」と注文するだけで良いのです。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


レジでこれを伝えるだけで作られるドリンクに入る氷が少なくなる又はなくなって、その代わりにミルクが多めに入れられます。

ミルクが多くなるのでその分エスプレッソの味は薄まってしまうのですが、氷を入れていたとしてもどのみち氷が溶けるにしたがって薄まっていくので同じことであるとも言えます。

氷少なめミルク多めにできるドリンク

しかし、すべてのドリンクで氷少なめミルク多めができるわけではありません。例えばアイスコーヒーは氷を少なめにしてもその分、コーヒーを多めに入れてもらうことはできないようです。

その代わり、アイスのスターバックスラテやアイスのカフェモカ、アイスのキャラメルマキアートなどのエスプレッソ系の飲み物はどれも氷を少なくしてミルクを多めにすることができるます。

どのドリンクが氷少なめでミルク多めにできるのか分からないと言う場合にはレジの店員に聞けば優しく教えてくれるかと思いますので、聞いてみると良いでしょう。

参照記事
アイスエスプレッソとは?その作り方(レシピ)について

エスプレッソを追加して濃くすることもできる

氷を少なめにしてミルクを多めにしたら、その分ミルクでエスプレッソが薄まってしまってやはり気になるという人はエスプレッソを追加することで味を濃くすることもできます。

この場合には追加でエスプレッソを入れる分だけ50円の料金が発生してしまいますが、エスプレッソがワンショット多めに追加されるので味は一気に濃くなります。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


苦めのラテやカフェモカが好きという場合にはこのようにエスプレッソを追加して注文するのも一つの方法であると言えるでしょう。

このようにスターバックスではアイスドリンクを注文する際に、氷を少なめにしてミルクを多めにすることができます。スターバックスの飲み物は好きなんだけどいつも氷が多くて何か損した気分になっているという人はぜひ一度試してみてください。

参照記事
リキッドコーヒーとは?ギフトにも最適なアイスコーヒー






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう