フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

1億円以上の資金調達したコーヒースタートアップの業界地図

これまでにいくつかのコーヒースタートアップをご紹介してきましたが、今回は、それらのコーヒースタートアップを今一度まとめて整理してみました。
 
コーヒー業界地図

サードウェーブコーヒー

1杯のドリップコーヒーを全力で作り美味しいコーヒーを提供するサードウェーブ系のカフェチェーン店では、Blue Bottle CoffeeとPhilz Coffeeの2社が多くの投資金額を集めて拡大しています。

(1)Blue Bottle Coffee

日本でも大ブレークしたカフェです。サードウェーブ系のコーヒーを日米に実店舗で展開しています。

参照記事
Blue Bottle Coffeeの記事へ

(2)Philz Coffee

シリコンバレーやサンフランシスコといった西海岸で圧倒的な人気を誇るサードウェーブ系のカフェ。カジュアルな雰囲気からプログラマーの間で特に人気があります。

参照記事
Philz Coffeeの記事へ

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)が投稿した写真

セカンドウェーブコーヒー

スターバックスを代表とする、エスプレッソ系のドリンクを含むコーヒーを手軽に購入出来るカフェです。日本にもスターバックスをはじめ、ドトールやエクセルなどいろんなセカンドウェーブ系のカフェがありますね。

(3)Cafe Coffee Day

セカンドウェーブ系のカフェは日本ではもうブームがだいぶ前に終わって落ち着いていますが、途上国ではワンテンポ遅れてブームが到来しました。そんな中で、Cafe Coffee Dayはインドのセカンドウェーブ系コーヒーとして爆発的な人気を誇り、インドではスターバックスよりも人気で多くの店舗を展開しています。

参照記事
Cafe Coffee Dayの記事へ

コーヒー豆オンライン販売

現在コーヒー豆は実際のカフェの店舗でついでに買う人が多く、オンライン販売は一部の個人経営のカフェが行っている印象がありますが、オンラインのコーヒー豆販売が海外では伸びています。

(4)Pact

ロンドンのスタートアップで、産地直送の新鮮なコーヒー豆をお客さんの家までデリバリーで届けています。取引量は1日に1トンを超えているそうです。

参照記事
Pactの記事へ

インスタントコーヒー

今までコーヒー業界では、外でコーヒーを飲むいわゆるカフェのイノベーションは、スターバックスのセカンドウェーブやブルーボトルのサードウェーブなど発展してきました。しかし家で飲むコーヒーはまだまだ革新が進んでおらず、インスタントコーヒー分野のさらなる発展に期待が寄せられています。

(5)Sudden Coffee

見かけから高級な感じがあるのですが、普通のインスタントコーヒーよりも3倍くらい高いのですが、比較的に美味しいインスタントコーヒーを提供しています。容器がかっこいいです。

参照記事
Sudden Coffeeの記事へ

Sudden Coffeeさん(@suddencoffee)が投稿した写真

移動式カフェ

コーヒーを外で飲むといったら店舗を構えているカフェを想像すると思いますが、屋台式のカフェが海外でじょじょに流行りつつあります。日本でもオフィス街などでたまに見かけますね。

(6)Wheelys Cafe

移動式カフェを世界展開しているチェーン店のスタートアップです。CEOは青色の髪をした20代中頃の美女でと、いかにも漫画に出てくるような天才です。

参照記事
Wheelys Cafeの記事へ

コーヒーマシン改良

コーヒー業界のイノベーションはコーヒーの機械にも波及しています。家で飲むコーヒーマシンや店舗のコーヒーマシンもIoTブームに合わせて品質が大幅に向上しています。

(7)Spinn

スマホのwifiを使ってベットからでもコーヒーやカプチーノなどが作れるというコーヒーマシンを開発して販売しています。まさにIoTをコーヒーに応用した感じのマシンです。

参照記事
Spinnの記事へ

(8)Perk Dynamics

コーヒーを専門に販売しているというわけではないというお店で、いちいちコーヒーを提供するために店員を割くのはとても面倒です、。そんなお店向けに料金の支払いからコーヒーの提供まで、すべてお客さんがセルフでできるコーヒーマシンを提供しています。

参照記事
Perk Dynamicsの記事へ

Spinn.coffeeさん(@spinn.coffee)が投稿した写真

カフェマーケティング

チェーン店に押されて個人経営のカフェはなかなか人が集まりにくくなった中で、それらの個人経営のカフェを束ねて一致団結した上で、宣伝やプロモーションをするのが一部で流行っています。

(9)CUPS

ニューヨークのスタートアップであるCUPSでは、中小規模のカフェを対象にもし会員になれば、宣伝、材料の一括仕入れ、バックオフィスの雑務支援などを行っています。

参照記事
CUPSの記事へ

以上、コーヒー業界のスタートアップで、1億円($1M)以上の資金を調達している注目企業をすべてあげていきました。実店舗のカフェから、オンラインストア、カフェに特化したマーケティング支援などコーヒー業界のスタートアップの中でも多様な形態でスタートアップが登場し躍進しています。

1億円以下のスタートアップでも、ジャンル的には同じようなことをしているスタートアップが多いです。しかし中には更に突飛な(?)アイディアをもとにコーヒー業界をより良い方向へと変えようと奮闘しているスタートアップも多く存在しています。そんなスタートアップについても、引き続きこのサイトでご紹介していければと思います。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう