フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

アーモンドミルクコーヒーとは?そのカロリーと作り方(レシピ)

コーヒーはブラックコーヒーのまま飲んでも美味しいですが、ミルクを入れて少しまろやかな味わいに変えても美味しいです。ミルクもただ普通のミルクを使うのではなくて、豆乳、低脂肪乳、無脂肪乳など好みに合わせて変えると更にバラエティが広がります。

そんな中で最近注目を浴びているのがアーモンドミルクをコーヒーに入れるという方法です。アーモンドミルクとはアーモンドの風味がついたミルクなのですが、海外では割と一般的に飲まれています。

Nemlékoさん(@nemleko)がシェアした投稿


今回はそんなアーモンドミルクを入れたアーモンドミルクコーヒーについて、その作り方や健康への効果、カロリーなどを書いていこうと思います。

参照記事
妊娠中(妊婦)にコーヒーがダメな理由とノンカフェインコーヒー

アーモンドミルクコーヒーとは何か

アーモンドミルクコーヒーとはひとことで言うとそのままですが、コーヒーの中にアーモンドミルクコーヒーを入れたものです。そもそもアーモンドとはナッツの一種であり、コーヒーにアーモンドシロップを入れたりすることは割とよくあります。

アーモンドミルクとはそんなアーモンドを水に漬けてからミキサーにかけてろ過したものです。普通の牛乳と比べるとあっさりとしていて、アーモンドのほんのり甘いナッツ風味を感じることができます。

HATSU ®さん(@hatsu_official)がシェアした投稿


そんなアーモンドミルクをコーヒーの中に入れることで、コーヒーの苦味とアーモンドミルクのほんのりした甘さが混じり合って絶妙な味になるということで最近になってアーモンドミルクコーヒーが注目されています。

参照記事
カルピスの原液をコーヒーで割ると意外にいけるwww

アーモンドミルクコーヒーの健康効果

アーモンドミルクコーヒーが注目されている理由として、当然その味の美味しさもあるのですが、健康や美容への効果も大きく期待されています。

アーモンドにはビタミンEを含めて様々な成分が豊富に含まれています。そのために動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防することが期待されています。また、アンチエイジングの作用もあるので、美容への効果も期待できます。

The Summer House Ayutthayaさん(@the.summer.house)がシェアした投稿


女性ホルモンを助けることでも知られており、更年期や不妊・生理不順など女性ならではの悩みもアーモンドミルクコーヒーを飲むことで解決することができる可能性があります。

参照記事
モカジャバとは?その意味と作り方(レシピ)





アーモンドミルクコーヒーのカロリー

アーモンドミルクコーヒーのカロリーは多そうにも見えますが、意外にもカロリーは低めです。もともとアーモンドミルクのカロリーはどの商品を使うにもよりますが、牛乳の半分程度のカロリーしか入っていません。

コーヒーそのものにはカロリーがほとんどないので、普通の牛乳をアーモンドミルクに変えるだけでカロリーの摂取量を抑えることもできるのです。

アーモンドミルクコーヒーの作り方(レシピ)

アーモンドミルクコーヒーの作り方はとても簡単で誰でも作ることができます。普段コーヒーにミルクを入れるのと同じような感覚でアーモンドミルクをコーヒーに入れるだけです。

アーモンドミルクの商品によっては分離してしまうこともあるようですが、しっかりとかき混ぜましょう。コーヒーの苦味が抑えられて、さっぱりとした美味しいアーモンドミルクコーヒーを飲むことができます。

The Trendy Baristaさん(@thetrendybarista)がシェアした投稿


アーモンドミルクは大きいスーパーなどでも売られていることがありますが、ない場合にはAmazonなどでネット通販することもできます。

このようにアーモンドミルクコーヒーはミルクの種類を変えるだけで誰でも簡単に作ることができて、健康にも良い効果が期待されています。興味がある方は是非一度試して見てください。

参照記事
ロバーツコーヒーとは?みんな大好きなムーミンコーヒー






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう