フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

コーヒーが睡眠の妨げになる理由と眠れないのを防ぐ対策方法

コーヒーを飲まなければ朝の眠気を覚ますことができなくて、仕事も勉強もできないという人は結構多いかと思います。徹夜で作業をしなければならなくなって、眠気覚ましにコーヒーを飲む人もいるかと思います。

このようにコーヒーには睡眠を妨げる働きがあります。意図してコーヒーで眠気を覚ます時は良いのですが、寝る前に何気なく飲んだコーヒーが理由で眠れなくなったらかなりしんどいです。

今回はそんなコーヒーと睡眠の関係について、そもそもなぜ眠れなくなるのか、夜眠れなくならないようにするためにどうすれば良いかなどについて書いていこうと思います。

参照記事
コーヒーが胃もたれになる?逆に胃の消化を助ける?

コーヒーが睡眠の妨げになる理由

コーヒーを飲むと睡眠の妨げになりますが、その理由はコーヒーにカフェインという成分が入っているためです。コーヒーを飲むとカフェインが交感神経を刺激します。

交感神経が刺激されることにより、血液中のアドレナリンが増加して血糖値、脈拍、血圧が上昇します。それが結果として、眠らなくなる現象につながるのです。一般的にコーヒーを飲んでからその効果が出るまでの時間は15分〜30分くらいであると言われています。

しかし実際にはコーヒーを飲んでも寝つきに特に問題がないという人もいるかと思います。僕もそうであり、寝る前に仕事をしたり映画を見たりしている際にもコーヒーを飲むクセがあります。

@mertin.60がシェアした投稿

参照記事
コーヒーを飲んだら動悸した!原因と対処方法について

それでも飲んでからすぐに寝ることができます。これは体のカフェインに対する耐性が原因であり、耐性の強い人は寝る前にコーヒーを飲んでもそこまで影響はないと言われています。

また、人によってはカフェインによる脳の活性化以外にも、利尿作用が原因で寝つきが悪くなる人もいるかと思います。寝ている最中に利尿作用が働いてトイレに行きたくなって起きるというパターンです。

コーヒー以外にもカフェインが入っていて寝つきが悪くなる飲み物はいくつかあります。それぞれ含まれているカフェインの量が違うので一概には言えないのですが、コーラ、ウーロン茶、チョコレート、風邪薬などもカフェインが含まれています。




コーヒーが睡眠を妨げる作用を逆に利用する

コーヒーが睡眠を妨げるという作用は、うまく利用すれば逆に役立つこともあります。それは昼寝をする直前にコーヒーを飲むというものです。昼休み中や休みの日などで、疲れて昼寝をしたい時が誰しもあると思います。

コーヒーを飲むことで昼寝で寝坊することを防いで、数十分でスッキリと目覚めることができます。特に休みの日などは昼寝をし過ぎて、夜寝られなくなって睡眠リズムが崩れるということがあるかと思いますが、それを防ぐことができます。

このようにコーヒーの睡眠防止作用もうまく使えば、生活リズムを整えることに利用することもできるのです。

参照記事
コーヒーのカフェインによる利尿作用メカニズムとその対策

眠りを妨げないコーヒーの飲み方と飲む時間

夕方以降はコーヒーを飲まない

睡眠を妨げない範囲内でコーヒーを飲みたいという場合には、単純に日中の早い時間帯にコーヒーを飲んで、夜はコーヒーを飲まないというのが一番効果的です。カフェインの持続効果は5時間〜7時間くらいと言われています。

ですので、自分が夜11時に寝るのだったら夕方4時くらいからはコーヒーを飲まない方が健全です。ざっくりと夕方くらいからはコーヒーを飲むのをやめようと考えれば睡眠に影響が出ることはないでしょう。

ディカフェコーヒーを飲む

しかし、夕方以降にコーヒーを飲まないというのはコーヒー好きにとってはかなりきつい条件です。少なくとも僕は無理です(笑)

そんな人は含まれているカフェインの量が少ないコーヒーを飲むと良いでしょう。たとえばブラックコーヒーではなくて、牛乳をたっぷりと入れたコーヒーを飲むのも1つの方法でしょう。

علي يگانهさん(@aliyegane)がシェアした投稿


またコーヒーによってはディカフェコーヒーやカフェインレスコーヒーなどカフェインの入っている量の少ないコーヒーも存在します。コーヒー豆を買う段階ディカフェのコーヒー豆を買っても良いですし、カフェでも大体の店がディカフェコーヒーを提供してます。

最近のスターバックスではドリップコーヒーだけでなくエスプレッソを使ったラテなどの飲み物でもディカフェで作ってくれるようになっています。味は少し薄いと感じることもあるのですが、ディカフェのコーヒーを夕方以降は飲むのも1つの手でしょう。

参照記事
コーヒーを飲みすぎると鉄分不足になって貧血になるってマジ?

代用コーヒーを飲む

ディカフェに少し似ているのですが、コーヒーに味を似せて作ったコーヒーではない代用コーヒーというものが存在します。コーヒーっぽい味のコーヒーではない飲み物なので、カフェインの量もだいぶ減ります。

有名な代用コーヒーとしては「たんぽぽコーヒー」や「チコリコーヒー」などが有名ですので、興味がある方は試してみてください。ただし、味が合わないと言う人も多いので、試し試しで飲んでみると良いでしょう。

カフェインで眠れなくなったらどうすればいいか

それでもコーヒーをとってカフェインを摂取してしまって眠れなくなることもあるかと思います。そんな時には「爪もみ」をすれば眠れるかもしれません。

爪もみとは、文字通り爪をもむことで神経を落ち着かせるというものです。爪の生え際には神経が密集しているらしく、そのツボをもむことでリラックスすることができます。

Dine Ur Tableさん(@dineurtable)がシェアした投稿


ただし薬指だけは交感神経を逆に刺激してしまうので、薬指以外の他の指たちを団体側の手の親指と人差し指で揉みましょう。

カフェインレスコーヒーのおすすめはコトハコーヒー

カフェインレスコーヒーについては私も姉が妊娠してからいろんなものを探して検討しました。もともと姉はコーヒーが大好きだったのですが、妊娠してからカフェインの入っているコーヒーが飲めなくなりました。

そのためにカフェインレスコーヒーで美味しいお店を探したのですが、カフェインレスコーヒーを扱っているお店は意外に少なくてベストなコーヒーを探すのが大変でした。

その中でも私が最も良いと思ったカフェインレスコーヒーのお店はコトハコーヒーさんです。2児のママスタッフが運営しているそうであり、そのためかカフェインレスコーヒーのバラエティも豊かでとてもよかったです。

コーヒー豆のオンライン販売しているお店はパッケージのデザインがイケていないところが多いのですがここはパッケージのデザインのおしゃれなのでギフト用にも使うことができそうです。

実際にカフェインレスコーヒーの購入を検討されている方にはおすすめします↓



コーヒーは多くの人にとってもはやなくてはならないものですが、一方で睡眠不足になるかもしれないという弱点もあります。しかし、対策さえすれば睡眠不足になることを防ぐこともできるので気をつけましょう。

参照記事
コーヒーには尿酸値を下げて痛風を予防する効果がある






 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう