フォースウェーブはここから始まる。

コーヒー豆をハッキングする

バニラコーヒーとは?その作り方(レシピ)と味について

コーヒーはそのまま飲んでも美味しいですが、甘さや風味をつけるためにシロップを追加しても楽しむことができます。コーヒーに入れるシロップとしては「キャラメル」「ヘーゼルナッツ」「アーモンド」など自分のこのみに合わせて選ぶことができます。

その中でもコーヒーに入れるシロップとして定番なのが「バニラ」です。コーヒーにバニラシロップを加えたものはバニラコーヒーなどとも言われており、一部の人から人気を得ています。

Christopher Chungさん(@chrisichung)がシェアした投稿


今回はそんなバニラコーヒーについて、その作り方(レシピ)やバニラを使ったフレーバーコーヒーのことなどを中心に書いて行こうと思います。

参照記事
妊娠中(妊婦)にコーヒーがダメな理由とノンカフェインコーヒー

バニラコーヒーとは何か

バニラコーヒーとはひとことで言うと、コーヒーにバニラシロップなどを入れてバニラ風味をつけた飲み物のことを言います。ブラックコーヒーは苦手だったり毎日飲んでいるのでたまには違った飲み物を飲んでみたいという人からバニラコーヒーは人気です。

バニラコーヒーと言われてもなかなかピンとこない人も多いかと思いますが、意外にバニラコーヒーは私たちの身近にもあります。例えばスターバックスコーヒーの人気商品に「キャラメルマキアート」という商品がありますが、これはバニラシロップをエスプレッソコーヒーで割って、そこにホットミルクを入れてトッピングしたものです。

Starbucks Coffee ☕さん(@starbucks)がシェアした投稿


他にもスターバックスではシロップをカスタマイズで追加することもできるのですが、ホットコーヒーにバニラシロップを追加して注文する人も意外に多いようです。

ホットコーヒーにバニラの風味を加えるだけで、今までとは全く異なるドリンクのすることができ、かつ手軽に作ることができるので、ご自宅などでもバニラコーヒーを飲む人がいます。

参照記事
泡コーヒーとは?ギリシャでも有名なアレンジコーヒーの作り方

バニラコーヒーの作り方(レシピ)と味

バニラコーヒーの作り方はいたって簡単です。必要な材料は、ホットコーヒー、バニラビーンズ(バニラエッセンスやバニラシロップでもOK)だけです。バニラコーヒーの作り方の手順としてはまずホットコーヒーをマグカップに入れて、そこにバニラビーンズを入れてよくかき混ぜるだけです。

ホットコーヒーの中に爽やかなバニラの風味が加わるので、よりコーヒーをまろやかで甘い飲み物にすることができます。普通に砂糖をコーヒーに入れるよりも爽やかでまろやかな味にすることができるのが特徴です。お好みでミルクを入れてもよく合います。

また、バニラコーヒーで使用するコーヒー豆は深煎りの濃い味のコーヒーを使用した方が甘さとうまくマッチするのでオススメです。バニラコーヒーを作る際にはこちらのコーヒー豆がオススメです↓




バニラをコーヒー豆に加えたフレーバーコーヒーも存在する

バニラコーヒーは基本的にはホットコーヒーの中にバニラシロップなどを加えたものを指しますが、中にはコーヒー豆そのものにバニラ風味を加えていて、普通にハンドドリップでお湯を注いだだけでバニラの香りがするフレーバーコーヒーというものも存在します。

フレーバーコーヒーはハワイのライオンコーヒーというブランドが有名であり、その中でも「バニラマカデミアコーヒー」というコーヒー豆は定番の人気商品としてよくお土産などで購入されています。

ramsさん(@ram_mohawk)がシェアした投稿


ライオンコーヒーのバニラコーヒー豆を使えば、わざわざシロップを追加することなくバニラ風味のコーヒーを楽しむことができます。

参照記事
カフェミストとは?ラテとの違いとおすすめカスタマイズ

バニラとコーヒーを組み合わせたデザート

ただ純粋にコーヒーにバニラを加えたドリンク以外にも、バニラとコーヒーの相性の良さを利用して、多くのデザートが登場しています。その中でも最も有名なデザートが「アフォガード」です。

アフォガードはバニラアイスにエスプレッソコーヒーをかけるデザートであり、おしゃれなレストランだけではなくて最近では居酒屋などでもデザートメニューとして提供されています。また、高級なアイスで知られているハーゲンダッツでもコーヒーバニラ味のアイスが販売されています。

このようにバニラとコーヒーは相性はよく、ご自宅でも簡単に作ることができます。ご興味がある方はぜひ一度試してみてください。





 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう